記事

サントリーが買収するBEAM(ビーム)って、どんな会社?

サントリーが米国のバーボン・ウイスキーの会社、ビーム(ティッカーシンボル:BEAM)を一株当り83ドル50¢で買収すると発表しました。支払いはオール・キャッシュ(現金)です。買収総額は約160億ドル(バランスシート上の24.8億ドルの負債を含んだ計算)で、これはかなりまとまった金額の買収と言えます。

サントリーが今回提示した価格は1月10日のビームの引け値に比べて+25%のプレミアムであり、ビームの2013年9月期で〆た過去12カ月のEBITDAの20倍です。このバリュエーション(評価)は、リーズナブルです。

今回の買収はサントリー、ビーム両社の取締役会の承認を既に得ています。

ビームはもともとフォーチュン・ブランズと呼ばれる、ミニ・コングロマリットの一部として経営されてきました。部門ごとの経営目標を鮮明に出し、事業ポートフォリオの持っている潜在性をもっと引き出す狙いで2011年秋にビーム部門(バーボン・ウイスキーの銘柄、『ジム・ビーム』からこの社名が取られています)はその他のフォーチュン・ブランズと切り離され、別々の銘柄として上場されてきました。

さて、ビームの製品ポートフォリオですが、ジム・ビーム(バーボン・ウイスキー)、メーカーズ・マーク(バーボン・ウイスキー)、クルボアジェ(コニャック)、カナディアンクラブ(ウイスキー)、サウザ(テキーラ)などがあります。

リンク先を見る
(出典:ビーム)

同社はバーボン・ウイスキーのカテゴリーでは世界最大です。またウイスキーでは米国とドイツでNo.1です。

最近、いわゆるブラウン・リカー(琥珀色の酒類)の消費量が伸び始めており、この中でもとりわけバーボン・ウイスキーが注目されています。従来、バーボンは高級なお酒というイメージでは無かったのですが、最近はバーボンのプレミアム化が進んでいます。このトレンドの旗振り役になっているのがジム・ビームです。

同社はこれまで退屈なコングロマリットの一部として経営されてきた関係で、新興国への進出などが遅れています。サントリーの傘下で、より大きな経営資源を得ることで、ビーム・ブランドの海外進出が加速することが予想されます。

リンク先を見る
【略号の読み方】
DPS一株当たり配当
EPS一株当たり利益
CFPS一株当たりキャッシュフロー
SPS一株当たり売上高

あわせて読みたい

「サントリー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  4. 4

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。