記事

昨夜の雇用統計は「雑音」である可能性が強い パニックしないこと

12月の非農業部門雇用者数は+7.4万人の伸びにとどまりました。これは月次の数字としては過去3年間で最も低い伸びでした。

リンク先を見る

ただ今回の数字は厳冬の影響も一部あると思うので「取扱注意」です。一例として建設セクターに従事する雇用者は-1.6万人でした。雪が降ると仕事が出来なくなるので、これはむしろ当然です。「天候が原因で、仕事に行けなかった」とする人は27.3万人で、例年の12月の平均値である17.9万人より約10万人、多かったです。

因みに11月の数字は上方修正されています。

リンク先を見る

一方、失業率は6.7%でした。

リンク先を見る

これは11月の7.0%から0.3パーセンテージ・ポイント改善したことになります。

リンク先を見る

2ヶ月連続して0.3パーセンテージ・ポイントも失業率が改善するのは、とても珍しいことです。

ただ「現在働いているか、職探しをしている人が、総人口に占める割合」を示す民間労働力率は62.8%と、過去35年間で最低を記録しました。因みに11月は63.0%でした。

リンク先を見る

従って、失業率の大幅な改善の一因は、厳冬で求職を諦めてしまった人が含まれていると考えるべきなのです。

このように見てくると、今回の雇用統計は記録的な寒波に振り回された印象が強いです。現在もその寒波は続いているので、この調子だと次回の雇用統計も影響を受けそうです。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  10. 10

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。