記事

中国 南シナ海の3分の2にわたる海域の支配強化へ

昨年、東シナ海に防空識別圏(ADIZ)を設定した中国は、南シナ海でも同様の措置をとるのではないかと目されていました。しかし、東シナ海で思いの外大きな反発を国際的に受けたことを考慮しているのか、現時点で南シナ海にADIZを設定したとの発表はありません。

そんな中、中国政府は、南シナ海において外国の漁船や調査船が活動するには事前に中国の地方当局に承認を得るよう新しい規則を施行しました。南シナ海で中国と海洋主権を争う周辺国との軋轢が深まることが予想されます。
China Orders Foreign Fishing Vessels Out of Most of the South China Sea(Washington Free Beacon)
新規則は、昨年11月に海南省人民政府によって発表されたもので、今月1日に施行されたようです。海南省の行政区域を通過するすべての外国漁船は中国当局の承認が必要となりました。違反した場合は、中国の国内法で定められているとおり、強制退去、船舶の差押え、そして最大82,600米ドルの罰金が科せられます。また、漁船員が中国の法律によって起訴される場合もあります。問題となるのは、その海南省行政区の範囲で、これがなんと南シナ海の3分の2にわたる広大なもの。

画像を見る
(Washington Free Beaconより画像転載)

なお、この範囲は、中国が従来より南シナ海で主張する範囲(9点破線で囲われることで知られています)と重なっています。南シナ海の主権を中国と争っているのは、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイの4カ国。それぞれの主張ラインは下図の通りです。

リンク先を見る

自国の漁業権益を守ることはさておき、この海域から他国の漁船を締め出すつもりであれば、係争国の反発は避けられません。さらに、調査船や軍艦の無害通航をも規制して航行の自由を妨げるとなると、国際法の無視ということで東南アジア諸国だけでなくアメリカも引っ張り出すことになるため、中国にとってあまり筋の良い手ではないんじゃないかなあ、と。一応、中央政府ではなく、海南省という一地方行政府の通達であることを盾に国際社会からの非難をかわすつもりではあるようですが…。東シナ海のADIZ設定といい、最近の中国は何か焦っているように見えますね。

それにしても、中国の海洋権益の主張の仕方が、シーパワーのそれではなく、ランドパワー的発想なのが興味深いです。

あわせて読みたい

「南シナ海」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  2. 2

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  3. 3

    「しょっちゅう人手不足になるところでは働くな」が本当なら

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    12月03日 15:30

  4. 4

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  5. 5

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  6. 6

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  7. 7

    「コロナ対策優等生」ドイツが感染爆発を防げなかった理由 - 熊谷徹

    新潮社フォーサイト

    12月03日 16:13

  8. 8

    きな臭いウクライナと台湾問題 ウクライナがNATO加盟ならロシアとの関係は致命的に

    ヒロ

    12月03日 11:22

  9. 9

    「こども食堂とこども庁のあり方」むすびえ代表 湯浅誠さんと勉強会開催

    山田太郎

    12月03日 13:10

  10. 10

    岸田政権の55兆円規模の経済対策は赤字国債頼み 費用対効果を示すべき

    わたなべ美樹

    12月03日 13:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。