記事

「今の東京には私が極めて適切な都知事だと思う」田母神俊雄氏が出馬会見

niconico 写真一覧
猪瀬直樹前知事の辞職に伴って行なわれる東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に、元航空幕僚長の田母神俊雄氏が立候補することを発表、7日午後、会見を行った。

告示まで3週間を切り、自民党・民主党が支援候補を決めきれずに居る中、正式に出馬を表明したのは元日弁連会長の宇都宮健児氏に次いで田母神氏が2人目となる。田母神氏には、「チャンネル桜」の水島聡氏が社長の職を辞して支援を行うほか、日本維新の会共同代表の石原慎太郎氏も"個人的な立場で"支援するという。

会見には石原慎太郎氏のほか、加瀬英明氏、すぎやまこういち氏、中山成彬氏、西村眞悟氏らが出席、貼り出された賛同人リストには西尾幹二氏、西部邁氏、三橋貴明氏、元谷外志雄氏、渡部昇一氏らの名前が並んだ。

田母神氏の冒頭発言

こんにちは、危険人物の田母神でございます。ずいぶん危ない奴だと叩かれることが多いんですが、私は本当にいいひとなんです。

この度、立候補の決意を固めましたのは、東京オリンピックがあるという中で、東京の強靭化対策を、大災害が起きたときの都民を救済する対策をきちんと固めたいという思いからです。

そうした救助体制は、先進国では軍を中心としてつくられているが、日本は今まで自衛隊をできるだけ使いたくないという思いで、自衛隊を中心とする災害救助体制がつくられていませんでした。阪神大震災や東日本大震災を見ていても、いざとなれば自衛隊を使っていますし、そうした体制が重要だということは、国民にも都民にも理解されていると思います。国土交通省の発表では、オリンピックまでに3割、30年後までに7割の確率で、首都直下型地震が起こる可能性があると言います。諸外国と同様に、自衛隊が中心となった体制が作られる必要があり、そういうときに、自衛隊の経験を持つ私が都知事になるというのは、非常にいい機会だとおもっております。そういう意味では、私は極めて適切な都知事ではないかと思っています。

また、すでに橋や道路の老朽化が進んでいます。国土強靭化が政府レベルで訴えられていますが、そういう対策も進められていきます。それとともに、万が一のときに、自衛隊と連携して、警察消防、その他団体と連携する救助体制を整えていきます。

それから、この東京を守るという意味では、2つ目に、東京を育てる、ということも考えていきたいと思います。

日本の子どもたちに、東京に、日本に自信と誇りを持って生きるということを教えていかなければいけない。戦後、ややもすると、日本は戦前悪いことばかりしていたんだ、ということになって、国民が日本に対して誇りを持てない状況が作られてきました。最近では徐々に修正されてきて、安倍政権でも、自信と誇りを持つ子どもを育てる謳われているますが、東京でも、子どもたちの教育に、政府と連携して力を入れていきたい。また、子育て支援も強化したいと思っています。

さらに、この東京から発信するために首都大学東京にインターネットの国際的な大学をつくってはどうかと思っています。ここに、世界的に著名な先生を招いて、発信力を高めていきたいと思います。

3つ目に、東京をつくる、ということです。強く、たくましく、やさしい心のふるさとをつくろうと思っています。戦後、とくに都会において地域共同体、昔の町内会やPTAなどが弱体化してきたように思います。こういったものを復活させて、なにかの時に一人ではない、そういう東京都を作り上げていきたいと思います。

オリンピックもあって、外国の方も多数訪れるということで、美しい、日本的なものをアピールできるように、電線地中化、屋上緑化を進め、できるだけ美しい東京を作りたい。

さらに年をとって、いわば身寄りのないようなひとでも安心して行きられる街を作るにはどうするか、検討していきたい。社会の第一線を退いた人たちに、70歳、80歳のひとたちの介護などに携わっていただいて、また年をとったら逆に面倒を見られる側に回る、循環型の社会です。年をとったらやることがなくて、なにもせずにぶらぶらしているということではなく、意欲、体力のあるひとたちのことも考えていきたいと思っています。

いずれにしろ、行政には継続性がありますので、従来の継続性を考えながらやっていきます。最近、公務員叩きが盛んですが、公務員が意欲をもって仕事に取り組める体制をつくることが、強くたくましい町になることだと思います。

人間には美しい心と美しくない心が同居していますが、組織の長がどう行動するかによって、どちらが前面に出てくるかが決まると思います。できるだけ都民のために、美しい心が前に出てくるよう、指導し、組織を作り上げていきたいと思います。

大震災があるかもしれない中で、自衛隊を中心にした救助体制、安心安全に行きられる東京都をつくるために、精一杯努力したいと思っています。自衛隊のことに精通した私が都知事になるのが一番ではないかと感じています。絶対に安心安全な東京を作る、何かことが起きた場合にも効果的に動ける体制を作れるようにしたいと思います。

石原氏「生徒として友人として仲間としてうれしく心強い」

記者との質疑応答では、石原都政と考えを同じくする部分が多いとした。また「(発言に)ユーモアが無くなることはない。心配ご無用」「選挙のために発言を封じることはしない」とし、反原発ではないという姿勢や、歴史認識についても発言していくと明言した。

会見に出席したすぎやまこういち氏は、「田母神さんは自らを危険人物と言ったが、私も立派な危険人物。ある種の典型的な中国の国益を代表するようなメディアが、我々のような国を愛する人間たちに危険人物というレッテルを張った。私は言論界、メディア界、政治の世界を単純に"日本軍"・"反日軍"という表現で語ることが多いが、この"内戦状態"になんとしても我々"日本軍"が勝たなければいけない。言論の世界を見ていると、どうも経済の再生、生活保護費…とお金の話ばかり。そのための前提条件として、安全保障がなければ、お金の話もへちまもない。まずは安全保障あってのお金の話だと思う。我々都民のためというのは国民のためということになる。ぜひ、田母神さんに勝っていただきたい。」と挨拶。

また、石原慎太郎氏も、「田母神さんがなみなみならぬ決意をしていただいて、生徒として友人として仲間としてうれしく心強い。田母神さんは、ある意味では望みの少ない、可能性の少ない戦いに挑む。ある意味では特攻隊ですよ。その戦いに挑む覚悟を理解していただきたいと切に願う。なんで軍人が都知事選に出るんだと言うひともいるだろう。しかしこれは右傾化とか、そんな問題ではない、実際これから起こりうる危機に対して、誰が的確に防ぐかというときに、誰が適任かを考える時期に来ているということ。田母神さんのような人物が立候補してくれるというのは、都民として、国民としてありがたい。」と声援を送った。

■関連記事
田母神俊雄宇都宮健児都知事選2014 - エントリ一覧

■関連リンク
《都知事選出馬へ》田母神俊雄氏 記者会見 生中継 - ニコニコ生放送
田母神俊雄公式サイトTwitter
東京都選挙管理委員会
「反原発かどうかで都知事を選ぶことには違和感」舛添要一氏が出馬会見
「選挙とか政治とか既存のシステムを、ハッキングする形で、新しい動きを作っていきたい」―家入一真氏・都知事選出馬会見

あわせて読みたい

「田母神俊雄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  3. 3

    竹本氏にIT大臣ムリ 投資家断言

    内藤忍

  4. 4

    中国の無人コンビニが失敗した訳

    文春オンライン

  5. 5

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍政権下での改憲反対は言い訳

    小林よしのり

  7. 7

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  8. 8

    進次郎氏の美辞麗句で小池氏想起

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    宮城県が安重根記念碑の看板撤去

    和田政宗

  10. 10

    日韓関係悪化は日本のチャンス

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。