記事

今年分の政党助成金/自民は6億増の157億円/結いの党 3億円超の山分け

リンク先を見る

本紙が試算

 年額約320億円にのぼる国民の税金を政党に支給する政党助成金の2014年分の各党山分け額を本紙が試算した結果、自民党は13年分より6億7043万円増の157億2902万円となることがわかりました。昨年末、みんなの党離党議員が結成した「結いの党」は新たに3億円超の山分け。消費税増税や社会保障削減、沖縄米軍新基地などを国民に押し付ける一方で、平気で国民のすねをかじり続けようとしています。

 総務省は14年度予算案に320億1433万円の政党助成金を計上。政党助成法では、1月16日までに同省へ受け取りを申請した政党が支給対象となります。その山分け額は、(1)1月1日現在の国会議員数(2)直近の衆院選と最近2回の参院選の得票数―の二つを基準に算定され、4月に年山分け額が確定します。年末に新党がつくられるのは、この算定基準があるためです。

 新たに受け取りを表明している「結いの党」を含む9党の議員・得票数で山分け額を試算したところ、自民党は年総額の49%を占めました。政党助成金の半分が同党の懐に転がり込む形です。

 昨年から受け取り始めた日本維新の会は3億587万円増の32億6208万円。公明党も増額となります。「結いの党」は議員数だけの算定で3億4848万円の政党助成金を手にします。

 一方、民主党は昨年より9億9736万円減の67億7757万円。しかし同党は、使い残した巨額の政党助成金を国庫に返納せず「基金」としてため込んでいます。

 日本共産党は、国民の税金を各党が山分けする政党助成金は、憲法が保障する思想・信条の自由に違反する制度だとして一貫して受け取りを拒否し、その廃止を主張しています。

あわせて読みたい

「政党助成金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  9. 9

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  10. 10

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。