記事

Google Scholarの機能改善がすごい件

研究者だと、一度や二度はGoogleの論文検索システムGoogle Scholarのお世話になったことがあるかと思うんですが、最近どんどん機能改善が進んでいるようです。

最近では、文献管理システム用にファイルを吐き出してくれたり、論文をストックする「マイ ライブラリ」や、なんと自分の論文がどれだけ引用されたかを機械判定してくれる「マイ 引用」等々(研究者が書く論文は、他者に引用されたか、というのが判断の尺度のひとつに)。

そして、なんと自分のプロフィールページも作れてしまうようになったようです。

自分の論文がどれだけ引用されたといったことが分かります。

日本の、とくに文系研究者は書籍を研究業績にすることが多いものの、Google Scholarは十分に書籍と統合されていなかったり、やや更新時期が遅かったりといった課題があるものの、なかなかの精度とお役立ち度です。

というわけで、ちょっと自分のプロフィール・ページを作成してみました・・・

あわせて読みたい

「論文」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野村さんの遺体写真を投稿し賛否

    AbemaTIMES

  2. 2

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  3. 3

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  4. 4

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  5. 5

    宗男氏 辻元氏の質問は意味ない

    鈴木宗男

  6. 6

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  7. 7

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    ANAホテルが称賛されるおかしさ

    女性自身

  9. 9

    前夜祭 安倍首相の答弁は苦しい

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。