記事

河野洋平氏を国会において証人喚問せよ〜驚異の元旦産経スクープ「河野談話は日韓で合作」

 謹賀新年、本年もよろしくお願いいたします。

 さて、「河野談話」全文を外務省公式サイトより改めてご紹介。

 なお文中の■で示されてる太字は当ブログが加工している箇所です。

慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話

平成5年8月4日

 いわゆる従軍慰安婦問題については、政府は、一昨年12月より、調査を進めて来たが、今般その結果がまとまったので発表することとした。

 今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の■要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の■要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。

 なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。

 いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと■反省の気持ちを申し上げる。また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。

 われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。

 なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/kono.html

 文中の二箇所の「要請」はもともと原文では「意向」だった表現が、なんと事前に韓国側に添削を受け、より強制性を含意している「強く請い求め、必要とすること」を意味する「要請」に変更されたのであります。

 また、文中の「反省の気持ち」の箇所は原案では「心からお詫び」だけだった表現を、やはり韓国側の添削を受け「心からお詫びと反省の気持ち」と日本側に「反省」を明記させたのであります。

 下記の元旦の産経スクープ記事によれば、驚くことに河野談話は日韓で「合作」、原案段階からすり合わせが行われ上記3箇所を含め韓国側は約10カ所の修正を要求したことを、当時の政府関係者らが詳細に証言したというのです。

河野談話 日韓で「合作」 要求受け入れ修正、関係者が証言

2014.1.1 12:36

原案段階からすり合わせ

 慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」について、政府は原案の段階から韓国側に提示し、指摘に沿って修正するなど事実上、日韓の合作だったことが31日、分かった。当時の政府は韓国側へは発表直前に趣旨を通知したと説明していたが、実際は強制性の認定をはじめ細部に至るまで韓国の意向を反映させたものであり、談話の欺瞞(ぎまん)性を露呈した。

(後略)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140101/plc14010112380006-n1.htm


 この記事が事実ならば、日韓両政府は談話の内容や字句、表現に至るまで発表の直前まで綿密にすり合わせていたことになります。

 なんという欺瞞でしょう。

 河野洋平元官房長官は平成9年3月31日付の朝日新聞のインタビューにこう答えているのです。

 「談話の発表は、事前に韓国外務省に通告したかもしれない。その際、趣旨も伝えたかもしれない。しかし、この問題は韓国とすり合わせるような性格のものではありません」

(参考記事)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140101/plc14010116300010-n1.htm


 ・・・

 この河野談話は日本国民に伝える前に韓国政府に原文の添削を受けていたというのです。

 「この問題は韓国とすり合わせるような性格のものではありません」(河野洋平氏)

 この発言はただの虚言だったのでしょうか?

 これではただの嘘つきです。

 ことは重要な日本の意思表明である政府見解の内容に、他国の干渉が事前にあったとすれば極めて重大です。

 事実関係を断固解明すべきです。

 河野洋平氏を国会において証人喚問することを要求します。

(木走まさみず)

あわせて読みたい

「河野談話」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  6. 6

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  7. 7

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  8. 8

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  9. 9

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  10. 10

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。