記事

マツダ労働者のたたかい/非正規の希望の光

画像を見る
(写真)正社員と認められた判決を守ろうと決意するマツダ訴訟の原告たち=山口市 写真一覧(2件)

 「派遣切り」された労働者を正社員と認める画期的な判決を山口地裁でかちとったマツダの労働者たち。判決は、非正規雇用労働者の「希望のともしび」になっています。「広島高裁でも勝って、希望を広げたい」。労働者たちは、新たな決意で新年を迎えました。(田代正則)

 たたかいは6年目に入りました。原告団事務局長の佐藤次徳さん(48)は、大忙しで全国を飛び回っています。労働組合や弁護士の集まりに呼ばれているからです。自分や仲間の働く実態や一方的に解雇された悔しさを語っています。

 安倍政権が、正社員と認めた判決の成果を台無しにするような、派遣労働者を永続的に使い続けられる派遣法改悪の方向を打ち出しています。「ずっと派遣で働き続けるとはどういうことか、リアルに知ってもらいたい」

 佐藤さんは5年半、派遣可能期間を超えてマツダで働きました。解雇されて一時期は、福岡県の実家で母親もパートを雇い止めとなり、親子で生活保護を受ける状況にまで追い込まれました。

 ユニオン山口に加入したマツダ労働者でつくる原告団は、会議を山口市と「九州プラス下関方面」に分けて開催し、原告団ニュース「団結」を送って励ましあっています。

 「安倍政権のやっていることは、“正社員をなくして全員派遣でいい、正社員もいつでも解雇していい″というようなものです」と怒る男性(56)。原告最年長です。解雇後、生活が安定せず、何度も引っ越しを繰り返しました。元教員の支援者から空き家屋を間借りして、やっと落ち着くことができました。

 夫婦で一時ホームレスになり、車中泊に追い込まれたこともある男性(49)は、現在同じ職場で働く原告同士で勤務シフトを譲り合って、宣伝などに参加する時間をつくっています。「妻も、裁判闘争を理解して何もいわないでいてくれます」

 原告団の名物、手作り・無添加のマドレーヌをつくる男性(43)も「正社員が当たり前で、例外中の例外だったはずの派遣が、“派遣は一生使い続けるもの”にされてしまえば、私たちの裁判も厳しい。世論に訴えて理解を広げたい」と語ります。

流れ変えた「派遣切り」裁判判決

 マツダ防府工場(山口県防府市)で2008年秋から強行された「派遣切り」に対して、ユニオン山口に加入した労働者15人が提訴し、昨年3月、山口地裁判決で13人が正社員として認められました。会社が控訴して、広島高裁で控訴審が続いています。

支援呼びかけ

 マツダ原告団とマツダ共闘会議は、控訴審のはじまった昨年10月から、山口市内の商店街で裁判支援を呼びかける署名宣伝を開始しました。

 「派遣切り」が起こって5年。「そんな裁判が山口県内であったなんて知らなかった」といって署名する人もいます。そんな声にであうと、原告団の佐藤次徳事務局長は「さらに世論を広げている」と実感します。

 山口地裁で審理が続いていた2010年1月から13年2月までは、防府駅前での宣伝を115回おこないました。最初は、いぶかしげに見ていた市民も、次第に近づいてくるようになり、友だちをつれてきて署名してくれる人もあらわれました。のべ1062人が宣伝に参加し、9574人から署名を集めています。これが勝利への力となりました。

 全国で起こった「派遣切り」「非正規切り」裁判は、松下プラズマディスプレイ裁判で最高裁が09年12月に、派遣先企業の雇用責任を免罪する不当判決を出して以来、違法の実態に目をつぶる「労働者敗訴」の判決が相次いでいました。マツダ山口地裁判決は、この流れを変える画期的判決でした。

 労働者派遣法では、企業が派遣労働者を働かせる場合、「臨時的、一時的な場合に限る」とされています。正社員を派遣労働者に置きかえてはならないという「常用雇用の代替禁止」の原則があるからです。

偽装で“制度”

 マツダは派遣会社と共同して派遣労働者を3カ月と1日だけ直接雇用の「サポート社員」にして、また派遣に戻すという「クーリング期間」の偽装で、派遣可能期間の3年を超えて働かせる“制度”をつくりあげていました。そして、一時的に景気が変動して仕事がなくなったら、雇用確保の努力もせずに解雇しました。

 山口地裁判決は、「常用雇用の代替防止という労働者派遣法の根幹を否定する施策」だと断罪し、原告たちを正社員と認めました。

 佐藤さんは、「ずっとマツダと向き合っているから、職場への愛着がわいているんです。正社員だと認める判決を受けて、『おれたちはマツダの社員だ』という意識があります」と心境を語ります。

 原告同士で集まれば、「今度の新型アクセラは格好いいな」と話に花が咲きます。アクセラは防府工場で製造し、世界に売り出しているマツダの主力車種です。

 マツダがスポンサーになっているJ1サンフレッチェ広島の活躍にも熱くなりました。

 原告団と支援者は、広島高裁に出廷するときなどにあわせて、広島県府中町にあるマツダ本社前でも宣伝しています。会社から監視の目が光っているなかでも、労働者が次つぎとビラを受け取っていき、1時間で1300枚ほど配りきります。正規と非正規をこえた労働者の連帯で、職場復帰をめざしています。

あわせて読みたい

「派遣切り」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMフリースマホ技適通過

    S-MAX

  2. 2

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  3. 3

    災害で学ばぬ自治体の自衛隊任せ

    清谷信一

  4. 4

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  5. 5

    中国人記者 天皇陛下に深い敬意

    PRESIDENT Online

  6. 6

    加害者の実名さらし 収入目的も

    文春オンライン

  7. 7

    東電元会長ら処罰で何か得るのか

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  9. 9

    増税前の駆け込み需要さえ起きず

    大串博志

  10. 10

    一般人と対話拒否 前大臣の暴挙

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。