記事
  • ヒロ

外から見る靖国問題 その2

昨日小生のブログ「外から見る靖国問題」には多くの方々のコメントを頂戴し、ありがたく思っております。ブログ内容から展開し、A級戦犯と東京裁判の妥当性などにも触れていき、議論や意見が交わされていることに嬉しく思っております。靖国問題のブログは多くの方が立ち上げており、私の内容はその中のひとつでありますが、皆様の本件に関する確立された考え方に改めてこの問題の奥行きを感じさせるものでありました。

また、一部の報道でネット利用者の8割近い方々が安倍首相の靖国参拝を支持したとある一方で、多くのマスコミや首相のブレーンらが今回の靖国参拝に懸念を示している点が相反する状況となっています。例えばヤフーニュースなどは産経新聞からの引用が割と多いのですが、ご承知のとおり、産経新聞は靖国参拝をかなり支持しており、そのトーンは他紙を圧倒しているのです。例えば、ネットのニュースではあまり目立たなかったと思いますが、あの読売新聞の社説でさえ、懐疑的トーンなのです。つまり、産経が突出している色合いなのですが、結果として無料のネットニュースを読む多くの国民はこれにどうしても引っ張られやすくなることは事実であります。

ご承知のとおり、新聞社には新聞社の色、つまり主義主張があります。一番色合いが少ないと思っていた日経でも無色透明ではだめだという意識からか、一定の考えがかなり出るようになっています。NHKなどは言わずもがな、ということです。

一方、海外でも同様の色がついた報道がなされており、結局、これが世論を一定の方向に仕向けることになります。

尖閣問題でもしかりで中国国内であれほどの反発があるとは明らかに想定外の中国世論の反応であったと思うのですが、結果としては制御不能のところまで進んでしまい、日中関係のみならず、多くの日系企業の事業戦略の練り直しを余儀なくさせられました。

今回の靖国の問題についても私が懸念するところは海外の反応は日本国内の論理を超えたものに発展しないか、それが心配なのです。私は今、日本が戦略的に孤立化することが正しいのか、これが将来的に日本にさまざまな影響を及ぼさないのか、ましてやようやく経済が立ち直りかけ、ムードもよく、訪日外国人が1000万人を超え、福島の風評被害もようやく納まりつつある中でこれがこのタイミングでよかったのか、どうしても腑に落ちないのです。

外交的には過去の流れを踏まえれば安倍首相と習近平、および、朴槿恵両氏との会談は当面期待できない状況になりました。これで困るのはアメリカなのです。そして、今のアメリカの外交部が日本に対する理解度が低いことから中国寄りになることが考えられるのです。つまり、オセロゲームで一気に白黒がひっくり返った状態が起こりうるのです。その場合、日本が孤立化するいうことです。今の日本がこのようなゲーム展開をしてよいのか冷静に考えれば考えるほど気になるのであります。

なぜ、中国が比較的静かなのか、それは習近平国家主席は笑っているからです。国内の温度と海外の温度はまったく違い、それは昨日のブログに書いたように日本人がどれだけ熱く語ろうとも、私のブログにどれだけたくさんのコメントを頂戴しようとも海外には通じていないのです。まさに松岡洋右の国際連盟脱退の大演説と同じでなのです。結果として彼の1時間に及ぶ演説にもかかわらずほぼすべての国が日本にNOをたたきつけたのは歴史が証明する一ページです。

ガラパゴス日本という言葉は日本の商品だけを表すのではありません。日本人の考え方、言動、主義、振る舞いにおいて外国からはかなり「異国」であるのです。確かに日本は世界でもっとも長い歴史を持った国でありますが、日本が自給自足ではなく、海外で稼ぎ、海外からモノを買い、相互の援助や協力関係を持つ世界の中のひとつの国である以上、日本の立場の主張はきちんと伝える一方で一定の外交の「巧さ」も必要であります。

私は日本人として靖国を思う気持ちは十分に理解しておりますし、皆様と同じ立場にあります。そして、いただいているコメントについては一定以上の理解とバランス感覚をも持っているつもりです。私の懸念はその上でのことであるという点を今一度、書き記す必要があると思った次第です。

今日はこのぐらいにしておきましょう。

■関連記事
外から見る靖国問題

あわせて読みたい

「靖国神社」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  8. 8

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  9. 9

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。