記事

「富国」から「富国強兵」への転換を目指す安倍内閣~田原総一朗さんに「2014年の政治」を聞く

1/2
2013年も残すところ、わずかとなった。2年目に入った安倍政権にとって、来年はどんな年になるのだろうか。田原総一朗さんに、2014年の政治のポイントについて聞いた。【取材:亀松太郎、大谷広太(編集部)】

共同通信社 写真一覧

「アベノミクス」が成功するかどうかの正念場を迎える

2014年の政治のテーマは、2つある。1つは「アベノミクス」の行方だ。

安倍政権が仕掛けたアベノミクスによって、経済の空気はすっかり変わった。株価はついに1万6000円台を突破し、為替も1ドル100円前後と円安モードで安定している。それまでが嘘のように、景気が良くなった。

安倍政権ができるまでは、ほとんどの日本人は「もう日本は成長しないのではないか」とあきらめていた。バブル崩壊後の「失われた10年」が「失われた20年」へと伸びても、展望が見い出せなかった。しかし、アベノミクスは経済成長にチャレンジしている。もう一度、日本経済を成長させて、景気を良くするのだ、と。そのチャレンジ精神は買いたいと思う。

安倍首相はまず、公共事業で需要を作り出した。いわゆる「3本の矢」のうちの1本目だ。2つ目に、金融緩和をおこなった。公共事業を進めるにあたって国債をどんどん発行し、最終的に日銀が買うという仕組み。国債を買うということは円を刷るということだから、円安になる。それで、株価も上がった。この1本目と2本目の矢はいまのところ、うまくいっていて、国民にも支持されている。

問題は3本目の矢だ。つまり、どうやって日本の経済を本格的に成長させるのか、ということ。安倍内閣は6月に、3本目の矢である成長戦略を発表したが、評価できるものではなかった。たとえば、農業問題はほとんど先延ばしにしてしまったし、医療やコーポレートガバナンスの問題も手つかずといっていい。

ただ、あのときは、直後の7月に参議院選挙があったので、選挙を意識して、農協や農水省、厚労省や経団連に配慮したともいえる。その後、いくつか今後の経済成長に向けた政策を発表している。たとえば、減反政策を5年後に廃止するとか、戦略特区を作って規制緩和を実施するということを打ち出したので、今後の展開に注目したい。

2014年は、このアベノミクスが成功するかどうかの正念場になるだろう。不安材料の一つとして、来春の消費税増税があり、おそらく、消費は多少落ち込むだろう。ただ、この増税で約8兆円が入ってくる計算で、景気の落ち込みを止めるために5.5兆円の補正予算を組むことになった。もしこれで景気対策が足りなければ、また公共事業をやるのだろう。

長い目で見て、アベノミクスが成功するかどうかは、まだわからない。しかし、来年景気が一気に落ち込んで、アベノミクスは失敗だったということにはならないのではないか。なんといっても、オリンピック誘致に成功したのが大きい。来年もオリンピック需要があるだろうから、アベノミクスは及第点ということになると思う。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    素直に良かった開会式 国内外の取り上げ方に差異

    和田政宗

    07月24日 10:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。