記事

2013年政党別新聞メディア登場数の推移 - 渡部秀成

先週は、2013年の各政党支持率の推移を見てきました。有権者が各政党の活動を判断する材料としてテレビ、新聞等のマスメディアがあります。

今年の2013年参議院選挙においても多くの有権者はテレビ、新聞報道を頼りに、政党や候補者の情報を得ていることがNHK放送文化研究所の調査結果にも出ています。

NHK放送文化研究所 「第23回参院選に関するインターネット調査」集計結果
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/yoron/social/pdf/130809.pdf

そこで今週は、多くの有権者が選挙で投票する際に参考にする新聞メディアに、昨年2012年1月から今年の2013年10月までの間に各政党がどのくらい登場したのかを調べました。

2012年1月から2013年10月までの各政党の新聞登場回数をグラフ化すると下記のとおりです。

リンク先を見る

(※クリックで画像拡大)

2012年1月には民主党政権のため、自民党との登場回数の差は200弱ありましたが、
10月からは民主党と自民党との登場回数の差は少なくなる傾向があります。
(前回2009年の衆議院議員時も同様な傾向がみられました)

そして、12月の衆議院選挙後、政権交代をした後は当然ではありますが、自民党が民主党より登場回数が増えます。

2013年2月以降に関しては、自民党の新聞登場回数の差は150〜200程度となり、民主党を上回ります。

各政党が新聞紙上に掲載された回数を月別に並べていくと、どのような発言や政策等が大きく取り上げられる傾向があるのか?有権者が投票する際に判断する材料はなにであったのか?を考える資料となりそうです。

このグラフの波は、どのような発言や政策によりできているのかを考えながら、今年一年を振り返ってみては如何でしょうか?

画像を見るLLCつくばリスクマネジメント 代表社員
渡部秀成

1999年から公的機関、民間企業の大量テキストデータベース整備、検索システム構築、パテントマップ(特許情報)作成等、各国政治家発言、企業経営者発言、株式情報、有価証券報告書等のテキストマイニングに携わる。2011年東日本大震災時にTwitter上に書き込まれた200万件のツイート分析から風評被害対策の仕組みを体系化。
国内外の実験、論文等で明らかになっている、人の心理的・行動特性をベースにした多面的なソーシャルメディア分析を行い、現場で活用できるマニュアルに落としこむ作業まで行なっている。

あわせて読みたい

「参院選2013」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  3. 3

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  4. 4

    「先の大戦時の戦術と重なり合う」 宝島社が企業広告で投げかけた日本の政策への疑問

    BLOGOS しらべる部

    05月11日 20:24

  5. 5

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  6. 6

    東京オリンピック2021を開催するため最低限の案

    西村博之/ひろゆき

    05月11日 20:34

  7. 7

    「原稿が違う」質問と噛み合わない菅首相に野党抗議 #国会騒然 がSNSで話題に

    BLOGOS しらべる部

    05月11日 21:23

  8. 8

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  9. 9

    看護師や女子高生の盗撮を15年間続けた医師 撮りためた動画は驚愕の3.63テラバイト

    阿曽山大噴火

    05月11日 08:08

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。