記事

韓国欠陥兵器報道もいいけど、もって他山の石とすべきではないかね?

「軍備」もパクリと偽造の韓国、「兵器」は欠陥品だらけが現実…18年間も完成できない戦車、川で沈没する水陸両用装甲車
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131217/waf13121707010001-n1.htm

まあ、こういう記事を読んで溜飲を下げるというもの楽しいのでしょうが、それだけでいいんでしょうか。

確かに我が国は韓国ほど基礎工業技術は低くないものの、防衛産業に関してはたいがいなもんです。

ですが、我が国ではその結構アレな事実が殆ど報道されません。

例えば先の住友重機のインチキが40年以上にわたってバレなかったことは大きな問題です。

ぼくが報道した陸自のヘリ型UAVが大震災で一度も飛ばなかったとか、他にも色々トンデモな話が転がっています。ですが、それらの事実が報道されない。

住友重機の問題では、自衛隊側にも問題があるとのことです。世間知らずの自衛隊が必要も無いのに他国よりも厳しい、達成が難しい基準を押し付けたらで、住友重機側はこれを適当に誤魔化したということもあるようです。とはいうものの、それが許さえるわけではありません。また現場の隊員たちからの品質に問題ありという話がなくなるわけではありません。

因みにMINIMIはベルトリンク以外に、小銃の弾倉を使用できますが国産MINIMIは89式の弾倉が使用できず、M4のものならば使用できるそうです。


その原因の一つは記者クラブ制度です。一般雑誌の記者やフリーの専門ジャーナリストは防衛省の取材や情報収集が行いにくい現状があります。先日も外国の通信社の記者から聞いたのですが、記者クラブ会員には開示する情報も記者クラブ以外の記者には開示しないのだと。

あの「韓国ですら」廃止した記者クラブ制を未だに維持しているのが我が国です。

この記者クラブという護送船団方式の情報統制システムがある限り、我々の取材は非常に窮屈であり、困難を伴います。
防衛省は他の民主国家に較べて情報開示に不熱心ですが、これも記者クラブ制度の弊害でしょう。

まさに我々はヘレン・ケラー状態です。

対して韓国はこのような記事が公になることが多いようです。無論韓国は輸出もやっていますから、防衛産業を産業とし見ているし、海外の顧客からの情報発信もあります。

ですが、それを差し引いても、防衛省、自衛隊、防衛産業の「不都合な真実」の開示は極めて少ない状態です。

我が国の場合、武器は輸出できませから、市場からのフィードバックはありません。

しかも防衛省、自衛隊は外国の実情を知ろうともしない。現実の軍事よりも自分の組織内政治の論理が優先されます。であれば尚更情報開示によって、納税者の議論を喚起することが肝要なのですが、全く逆の方向に行っています。

ですから戦車さえあれば国防が全うできるかのような幼稚な議論がネットを賑わせたりします。

対して韓国はこのような「不都合な事実」が開示されることによって、変革が促されます。

隣国を笑う前に、自国の現状を冷静に見直すべきです。

記者クラブといえば、昨日の防衛大臣記者会見では件のNHK防衛省記者クラブの政治部キャップ、鈴木徹也(てつなり)記者の質問はありませんでした。

また鈴木氏の上司であるデスクの伊藤雅之氏からはこの件に関して連絡すると言われましたが、一ヶ月半経った現在に至るまで未だに連絡がございません。さすが皆様の大NHK、外国の中小メディアだのフリーランスなんぞは放置しても宜しいというのでしょう。

因みに伊藤氏はご自身でポジションも氏名も名乗らなかったので、鈴木記者に確認した次第です。これが皆様のNHKのデスクの行状です。伊藤氏は特定秘密保護法にはかなり「理解」があるようです。
http://www3.nhk.or.jp/news/newsweb/

もしかすると、鈴木記者の暴言は、ぼくの小野寺大臣に対する特定秘密保護法に疑問を呈する質問が、特定秘密保護法を礼賛する皆様のNHK様の報道の趣旨にあわなかったからなのでしょうか。

公共放送は政府と一心同体だ、故にぼくの質問が許せなかったのでしょうか。

ぼくに圧力をかければ自民党の偉人たちから頭を撫でてもらえる、なんておもったのでしょうか。

まあ、あちらさんから何の音沙汰もないので、想像するしかないのですけども。

記者クラブ』というシステム〜防衛省大臣記者会見後で非記者クラブ会員に圧力をかけるNHK記者の存在①
http://japan-indepth.jp/?p=1131

『記者クラブ』というシステム〜防衛省大臣記者会見後で非記者クラブ会員に圧力をかけるNHK記者の存在②
http://japan-indepth.jp/?p=1135

【続報】「皆様のNHK」の誠意に疑問①〜問題が発生したら無視を決め込む公共放送は許されるのか
http://japan-indepth.jp/?p=1480

【続報】「皆様のNHK」の誠意に疑問②〜外国メディアやフリーランスに下げる頭はないという本音
http://japan-indepth.jp/?p=1483

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  5. 5

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  6. 6

    安倍首相のサミット訪米に反対

    鈴木しんじ

  7. 7

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  8. 8

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  9. 9

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

  10. 10

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。