記事

来年度予算、借金も膨張

政府は、2014年度予算案を、24日閣議決定しました。

一般会計の歳出総額は、過去最大の95兆8823億円です。

世界で一番の超少子高齢社会の日本では、社会保障関係費が増えるのは、もちろん削れる所は削りながらですが、ある程度やむを得ません。

特に、社会保障と税一体改革で、社会保障の柱として、子ども・子育てを入れ、保育所の充実などが行われることになっています。

一方、2年連続で、公共事業費や防衛費が増えていることは、気になります。

与党の中で、また族議員が復活しているという見方もあります。

国の借金は、膨張し続けていて、2014年度の国債残高は780兆円、一人当たり約615万円にのぼります。

また、一時的借入金等を含めた国の借金は、2012年度で1000兆円、一人当たり約800万円になります。

借金を、次の世代に先送りしてきたツケです。

消費増税を決めた、社会保障と税一体改革では、今の世代で返せるものを返しながら、社会保障を維持、拡充するための法律を作りました。

これからは、負債を、どれだけ公平に負担していくか、ということになるのです。

そうした中で、借金を増やす要因に、不必要な公共事業などがならないように、目を光らせていく必要があります。

あわせて読みたい

「平成26年度予算案」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。