記事

カンボジア不動産投資詐欺の件 その3

以前にも書かせて頂きましたカンボジア不動産投資詐欺事件の続報です。
私が出張でカンボジアの田舎を走り回っている間にカンボジア不動産投資被害弁護団によって、新たに原告13名による集団訴訟が起こされていましたよ。
これでもまだようやく氷山の一角が現れて来たにすぎないので、これからまだまだ同様の訴訟が起こされていくものと思われます。
2013年12月10日
カンボジア王国の法人や、その代表者らを被告に加えた集団訴訟を提起しました。

当弁護団では、被害者から依頼を受けた案件について、損害賠償を求める裁判を提起しています。
本日(平成25年12月10日)現在、30人の被害者による、被害額合計約6億8000万円について裁判が係属中です。

そのなかで、以下のとおり、受任案件の一部について、複数の原告による集団訴訟を提起しましたのでご報告します。
この集団裁判は、日本国内の法人や代表者、従業員に加えて、カンボジア王国の法人や、その代表者、役員らを被告とした訴訟を東京地方裁判所に提起しているものです。

当弁護団では、今後、被害者から依頼を受けた案件につき、逐次、集団訴訟または個別の裁判を提起していき、関係者らの責任を追及していきます。

1.第1次集団訴訟
【訴訟提起日】
 平成25年10月31日
【原告】
 7名
【訴額】
 8404万円
(被害額合計7640万円に弁護士費用相当損害金を付加)
【被告】
 (1)株式会社FIRST不動産
 (2)ユニバーサルマックス株式会社
 (3)上記(1)(2)両者の代表者、及び、従業員
 (4)AAP INTERNATIONAL (CAMBODIA)CO.,LTD
 (5)CLES NET WORK CO.,LTD
 (6)上記(5)(6)の代表者とされる今野郁男氏

2.第2次集団訴訟
【訴訟提起日】
 平成25年11月25日
【原告】
 13名
【訴額】
 2億8290万円
(被害額合計4億3265万円の一部に弁護士費用相当損害金を付加)
【被告】
 (1)株式会社FIRST不動産
 (2)ユニバーサルマックス株式会社
 (3)上記(1)(2)両者の代表者、、及び、従業員
 (4)AAP INTERNATIONAL (CAMBODIA)CO.,LTD
 (5)CLES NET WORK CO.,LTD
 (6)上記(4)(5)の代表者とされる今野郁男氏
 (7)上記(4)の役員として重要な役割を果たしているとされる個人2名


 カンボジア不動産投資被害弁護団
なお、被告のFIRST不動産とユニバーサルマックスには警察の強制捜査が入っていて、逮捕者も出ている模様です。

こういったカンボジアの評判を落とす輩は本当に許せません。しかも、高齢者を狙った悪質さが本当に許しがたい。

また、まだ被害者になっていると気が付いていない方々もいるかもしれませんので、この訴訟の件を出来るだけ広めて欲しいと思う次第です。

あわせて読みたい

「不動産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  9. 9

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  10. 10

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。