記事

安倍政権を倒す最強の切り札はこれだ

 安倍首相の今年の暴政の仕事収めはてっきり辺野古埋め立て許可を仲井真知事に飲ませることだと思っていたら、もっととんでもないことをしでかしてくれた。

 弾丸一万発を南スーダンの戦地に輸出するという憲法違反をおかしたことだ。

 安倍首相を支える右翼的な国民は、それで何が悪い、と言うだろうが、これは戦後の歴代の自民党政権でさえも自制してきたことだ。

 憲法9条の根幹を否定する暴挙であるからだ。

 護憲を唱える者たちがこれを黙って許すようでは憲法9条は今度こそお終いだ。

 なんとしてでも安倍政権を倒さなければいけない。

 しかし心やさしい護憲派や平和主義者には、官僚や財界やメディアとがっちり手を組んだ安倍政権を倒すことはできない。

 安倍政権の最大の脅威は世論の反発だ。

 何しろ特定秘密保護法案を強行採決して支持率が急落したのを見ておののき、謝罪するという臆病さを露呈したばかりだ。

 どうすれば世論が安倍首相を見放すようになるのか。

 それはむつかしい政策論争をして追い込むことではない。

 もっと簡単な方法がある。

 それは2007年9月に安倍首相が腹痛で政権を投げ出した事を国民に思い出させればいいのだ。

 国会で施政方針演説をしておきながら、代表質問が始まる前に政権を投げ出すという前代未聞の醜態を演じた。

 しかもそれが致命的な重病だったら分かる。

 腹痛でその後はぴんぴんしているのだ。

 誰もが仮病で病院に逃げ込んだと内心思ったはずだ。

 もしその真相が本当に仮病であったとしたらどうか。

 誰も検証しようとしない。

 しかし真実は一つだ。

 それを知っているのは安倍首相だけだ。

 そしてもし本当に仮病なら、それがばれる事を一番おそれているのは安倍首相だ。

 誰かが、あの時の安倍辞任の真相を告発して、実は仮病だったとを証明してくれたら、それで安倍首相は一巻の終わりだ。

 国民をだまして政権を投げ出した男が、民主党の自滅によって再び政権の座にすわり、今度は日本を崩壊させようとしている。

 お人よしの世論もさすがそれは許せないとなるだろう。

 いまならまだ間に合う。

 特定秘密保護法案が成立すればそれができなくなる。

 さては安倍首相はそれをおそれて特定秘密保護法案の成立を急いだのか。

 それは冗談だが、安倍首相の仮病が本当だったら安倍首相が退陣に追い込まれる事は間違いない(了)

あわせて読みたい

「第2次安倍改造内閣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。