記事

都知事選候補者選定ー水面下の攻防

12月23日(月)年の瀬も押し迫ってきた。「瀬」は時期、機会の意味なのだろう。

白川静さんの『常用字解』によれば「狭い海峡や川の瀬の幅が狭くなった所を瀬戸といい、安危・生命など、運命が決まる重大な分かれめを瀬戸際という」とある。

一年も残り少なくなった時期だから「幅が狭く」なり、年が改まる「分かれめ」なのだ。猪瀬直樹さんの都知事辞任の報道もすっかり落ち着いてしまった。まさしく浮世だと思う。

知事選は2月9日に投票されるようだ。その候補者選考が水面下で続いている。現状では舛添要一さんが軸となっている。自民党と公明党が舛添推薦の動きだ。そこに民主党も「乗る」べきだとの意見がある。

しかも党幹部から出ていることに問題がある。特定秘密保護法で対峙した政党と組むのは、「舌の根が乾かぬうちに」という倫理的問題だけではなく、今後の「自公民」路線への拝跪という路線問題がある。

「特定秘密保護法など来年になれば国民は忘れている」と発言することは問題外だ。反対行動に立ち上がった国民を蔑視する暴言である。海江田代表など本部は独自候補を擁立すると公言してきた。その基本的立場を放棄すれば、2年後のいっせい地方選挙での敗北が待っている。

あわせて読みたい

「都知事選2014」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  10. 10

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。