記事

マクドナルドに行かなくなった4つの理由

画像を見る

先日マクドナルドの2013年12月期の連結経常利益が前期比58%減になることを発表し話題になった。原因は客離れで、高級バーガーの展開も不発。不採算店などを110店閉める処置もおこなったという。私の地元のショッピングモールでもマクドナルドが閉店し、驚いていたところだ。

マクドナルド、経常益58%減の100億円 13年12月期(日本経済新聞)

私自身は、マクドナルドのポテトが好きで昔からよく利用していたが、最近極端に行く機会が少なくなったように思う。今日はその理由を自分なりに考えてみた。

1. ハンバーガーがおいしくない

これは結構致命的な部分だが、ハンバーガーがおいしくない。パテは肉感が薄いし、パンはパサパサ。見るからにおいしそうじゃない上に、実際においしくない。
「マクドナルドにおいしさを求めるなよ」って声が聞こえてきそうだが、モノには限度があるという話だ。前からこんなにおいしくなかったっけ?っていうのが、最近よく思うところだ。

2. ポテトがおいしくない割合が増えた

ポテトの味が店舗やタイミングによってまちまちなのは昔からの話だが、最近は4回に3回ぐらいの割合でまずいポテトに出会う。ポテト目的でマクドナルドを利用する人間としてはこれが悲しい。

特に最近行った店舗ではかなりしょっぱいポテト(恐らく当社比2倍のしょっぱさ)に出くわし、「店員に食べさせながら、小一時間説教したい」という思いに駆られたことがあったが、めんどくさいのでそのまま食べたところ、トラウマレベルで記憶に残ってしまった。あれで足を運ばなくなった回数は増えた。

ちなみに私の経験上「ららぽーとTOKYO BAY」にあるマクドナルドのポテトは感動するレベルでおいしい。しばらく行っていないので今はわからないが、ここは別物として見ている。是非全国のマクドナルド店舗を「ららぽーとTOKYO BAYクオリティ」に統一して欲しい。

3. 店舗がくつろげない

とにかくお店でくつろげない。1つ1つの席の間隔がせまく通路も狭いので、ちっちゃくなって食べる必要がある。1人でサクっと食べたい時に使うのはいいが、複数人で利用することはなくなった。

店内がにぎやかすぎることも多く、まったくリラックスできないということが多い。食事を楽しむっていう体験はあまり得られないのが現状ではないだろうか。

4. 選ぶ楽しみがない

最近メニューは復活したようがだ、あのレジでの「時短」の雰囲気は、食べるものを選ぶ楽しさが半減していたように思う。「まぁ、ハンバーガーセットでいいや」みたいなことも少なくなかった。

また、これは自分自身の選択でもあるが、クーポンで安いセットに決める機会も多く、これまた満足度が下がってしまった要因になっているかもしれない。

というわけで、個人的な要望をまとめてみると、「チープになりすぎたハンバーガをいま1度見直し、ポテトの品質管理の徹底、そして店舗をいまよりも食事を楽しめる場所にして欲しい」というところだろうか。
結局のところ、いまのマクドナルドはコストを切り詰めに切り詰めた結果、安かろう悪かろうがすっかり定着してしまったのではないだろうか。是非そこそこの満足感が得られるマクドナルドが復活して欲しい。
今年の9月に就任した新社長の手腕に期待したいところだ。

実際皆さんは最近マクドナルドに行っているだろうか?行かなくなった理由があれば是非教えて欲しい。

ちなみに私が最近よく使うのはモスバーガーだ。ハンバーガーが美味しく、お店もゆったりしている。100円程度の差でこれだけ違うと、やはりモスバーガーを選んでしまう。

あわせて読みたい

「マクドナルド」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    北方領土の交渉で日米同盟に危機

    天木直人

  2. 2

    BTS炎上にみる韓国の被害者意識

    中田宏

  3. 3

    「少年院出身アイドル」の破壊力

    松田健次

  4. 4

    経済不振で日本叩きを始める韓国

    WEDGE Infinity

  5. 5

    北方2島返還で日本は多くを失う

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    NZ航空の低レベルサービスに驚き

    かさこ

  7. 7

    言い間違い連続の桜田大臣に呆れ

    小宮山洋子

  8. 8

    北朝鮮の高官が日本に賠償要求

    ロイター

  9. 9

    新型Mac miniは「いちいち快適」

    常見陽平

  10. 10

    徴用工 海外の日本資産も注目か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。