記事

アメリカの量的緩和縮小を受けて

 アメリカのFRBが量的緩和の縮小を決めました。日銀は少なくとも当分の間は「(アメリカよりも)長く、強く」というシンプルな方針を堅持すると思われます。

 そして、来年度予算の議論の中で今注目が集まっている診療報酬の改定において、安倍内閣が財政規律をしっかりと守る方向の結論を出すことが出来れば、すなわち、少なくとも全体で見たときのマイナス改定を医師会等の圧力に屈せずにきちんとすることが出来れば、来年度におけるプライマリーバランスの赤字幅のマイナスと相まって、安倍政権の財政再建への姿勢への信任を得ることが出来る。そうなれば、日本とアメリカの金利の状況から、結果として為替の状況なども日本経済にとっていい方向に進む可能性が出てくると思われます。

 アジアの新興国市場もそれほど大きな反応は見せていないようですし、当面の下方リスクはコントロールできる範囲で収まる可能性が高くなります。

 来年の4月に消費税の税率を5%から8%に引き上げる我が国としては、外的なリスク要因がなるべく少ないことが何よりも経済を上向かせるには重要ですから、その意味においては基本的にいい流れが続きつつあるともいえます。

 あとは、この今の追い風に安住せずに、来る逆風の環境下でもきちんと耐えられるだけの経済の足腰の強さを作り上げることが必要です。そのためにも、農業分野や労働分野(女性)、TPPなど各部分部分で着実に進んではいる日本の改革の道筋をさらに一歩前に進めていくことが重要です。医療やコーポレートガバナンス、GPIF等々、課題は山積しています。

 今週を終われば、年内は国会の周辺での動きは一段落しますが、来年一年がまさにその意味では正念場ですので、私も微力ながら頑張っていきたいと思います。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。