記事

みんなの党分裂に見る、日本の野党が育ちにくい特殊事情とは?

江田憲司さんら議員15名が、「みんなの党」を離党した。もともと江田さんは、「みんなの党」代表の渡辺喜美さんとうまくいっておらず、8月には幹事長を解任されている。「みんなの党」の中に溜まっていたマグマが、特定秘密保護法案への対応をきっかけに噴出した、ということだろう。もちろん、5名以上の国会議員が所属する政党に交付される政党助成金の算出の基準が1月1日だという理由も大きいだろう。

江田さんは「既得権益を打破する会」という、勉強会を立ち上げた。12月10日の設立総会には52人の議員が集まった。民主党の細野豪志さん、日本維新の会の松野頼久さんらも参加した。そのため、「野党再編」と見出しを打った新聞もあった。

新党結成の可能性は、あるだろう。だが、細野さんが民主党を離れるとは考えがたい。野党の大きな流れになるかは疑問だと僕は思う。何より「柱」がないのだ。会の名前は「既得権益を打破」だが、具体的に何がしたいのかさっぱりわからない。

くっついたり、離れたりと、彼らはなぜこうもだらしないのか。その理由を考えてみたとき、日本の野党というのはとても難しいものだ、ということに僕は気づいた。日本というのは、非常に珍しい国なのだ、と。それは、なぜなのか。

アメリカ、イギリス、フランスなどの先進国では、保守政党は小さな政府を目指す。経済や社会に対する国家や政府の介入を最小限にして、市場原理に任せるのだ。アメリカの共和党やイギリスの保守党がそれである。小さな政府では、経済競争は活発になるが、格差が大きくなりやすいという欠点がある。

対してリベラル政党は、大きな政府を主張する。国家の役割を最大限発揮して、社会保障を手厚くする。いわゆる「バラマキ」をするのだ。税金もたくさん使うし、規制も多い。アメリカの民主党、イギリスの労働党である。オバマ大統領が打ち出した「オバマケア」は国民皆保険を目指す医療保険改革だ。共和党から反対されたこのケースは、典型的な例といえる。

一方、日本はどうか。戦後もっとも長く政権を担ってきたのは、自由民主党だ。自民党は、あきらかに保守政党だろう。だが、保守政党でありながら、同時に大きな政府に向かおうともする。バラマキをするし、規制も増やす。例えば、国民皆保険は、日本ではとっくの昔に整備されている。

自民党は世界でも類を見ない、稀な政党なのだ。もちろん功罪がある。罪と言えば何よりも、1000兆円という、莫大な国の借金をつくったことだろう。

保守政党でありながら、大きな政府も目指す。これでは、野党は対立軸を打ち出しにくい。野党が迷走するはずだ。

2009年、民主党は衆院選で、圧倒的多数の議席を獲得して政権交代を実現した。政権の座についた民主党は、はじめ、「自民党は無駄遣いをしてきた。予算はもっと節約できる」と、大見得を切ってしまった。民主党はリベラルな政党だ。だが、こう大見え切ってしまった手前、ケチケチ予算にならざるを得なくなってしまったのだ。

日本は、風変わりな政治の国といえるのかもしれない。野党にとっては、とてもやりづらい国だろう。だが、そうであっても野党にはがんばってほしいと、僕は思っている。

大黒柱のない家は、非常にもろい。だが、しっかりした大黒柱があれば、多少の揺れでもびくともしない。政党を作るのであるならば、きちんとした太い「柱」を、まず立てるべきだ。くっついたり、離れたりするだらしない政治はもう見たくないのだ。

あわせて読みたい

「みんなの党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  6. 6

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。