記事

テレビ出演、大きな反響

 10日のテレ朝ワイド・スクランブルにゲスト出演した。午前11時、迎えの車で六本木の本社ビルに向かう。和泉台東区議が同行する。議長である彼をお供にとは贅沢だが、1人で行くのは心もとないと、女房の強い勧めで彼が秘書役になってくれたのである。

 簡単に打ち合わせを済ませ、ちょっとメイクして(光を抑えるため)スタジオへ。すでに番組は始まっていて、テーマは北朝鮮の粛清騒ぎ。No.2の叔父が全ての役職から追放され、議場から連れ去られる場面が映る。いずれ公開処刑かという、独裁国家のおどろおどろしいテーマであった。

 ライトに輝き緊張感あふれるスタジオの光景は、かつて現役時代、度々経験してきたが、今は久しぶりでたまらなく懐かしい。

 司会はお馴染みの寺崎、大木両アナウンサー、日替わりコメンテイターは須田慎一郎、黒川伊保子、川村晃司各氏だが、なんと須田、黒川氏は私の選挙区の人、黒川氏は「深谷さんに入れました」と言うではないか、川村氏も顔見知り、こうなれば万事OKで、本番になるとまさに絶好調であった。

 「疑惑猛追及!集中砲火に汗だく、苦渋の弁明」で都議会総務委員会の質疑の場面が克明に写し出される。

 「自民党最高顧問深谷さん」と、何度も肩書き付きで私に話題を振ってくる。

なにしろゲストは私一人だからテレビ版「深谷隆司の言いたい放題」といった感じで歯に衣を着せずの大胆率直発言を続けた。

 それにしても猪瀬知事の発言には嘘偽りが多すぎる。どうやって誤魔化してこの場を凌ごうかという思いが透けて見えるようで見苦しい。

 はるばる鎌倉くんだりまで出かけて、資金や票の応援を頼みに行ったことは誰でもわかるのに、誰の浅知恵か糊塗しようと言を左右にし、かえって自ら墓穴を掘っていく。

 5000万円という巨額なお金を貰って(借りて?)、「なんでもしてくれる、親切な人だと思った」と説明するのだから呆れる。

 都職員服務規律というのがあって、利害関係にある相手からの借金は禁じられている。2002年には職員が工事事業者から99万円借りて懲戒処分になったことがある。

 東京都は、多摩地区東京西徳洲会病院に1億円以上、老人介護施設武蔵野徳洲苑に3年で8億円を超える補助金を出している。又、東京電力病院の売却に当たっても入札に手を挙げている(捜索が入って辞退)。れっきとした利害関係者から、巨額資金を借りた(もらった?)知事、懲戒免職相当である。東京都は予算規模においてスウェーデン並み、一国の大統領に匹敵するほどの権益を知事は持っているのだから、一層、厳しい処分がもとめられるはずと、私は強調した。

 しかも、この大混乱の最中、12月3日に、知事は自分の資金集めパーティーを開いている。会費2万円、昼食弁当だけだから、参加者500人、来ない人も含めれば、ざっと千数百万円稼いだのである。知事は車、運転手、秘書、会費も都が出すから、本来、お金はかからないものだ。この人はどこまでお金に拘る人なのだろうか。

 オリンピック招致では、都議会議員は必死の思いで努力した。知事も含めてオールジャパンで決まったが、それだけに落胆と怒りは大きい。

物言えぬアスリート達はどんな思いでいるだろうか。

 年内には組織委員会発足前の人事やもろもろの準備が始まる。来年2月には組織委員会を正式に立ち上げなければならない。その頃には都の予算審議も始まる。

 今の状態で、こうした交渉役、旗振りは猪瀬氏では到底無理だ。市民からの告発状も出ているから検察も動きださざるを得なくなる。不起訴なら検察審査会もある。

 テレビ側は、都の百条委員会を開くべしとの思いがあったが、私は、今は徹底して真実を追求し、この知事ではもはや駄目だとの世論を作り出すべきだと主張した。

 当然辞めるべきだが、その時が刻々と迫っているとの思いを私は語った。

ほぼ40分間、たっぷりの時間で私は自分の考えを語り満足であった。

 

 自宅の電話は鳴りつづけたようで、そのほとんどが私の姿を久しぶりに見て喜び、内容に納得したというものであった。有難いことである。

 この日、都議会では引き続き質疑が行われたが、相変わらずのらりくらり。新しい発言としては「知事の1年分の給料(約2600万)を返上する」というのがあった。してみると「選挙後の生活の不安があったから借りた」は嘘だったということになるではないか。又、一年分の給料返上とは「知事を辞めない」ということか!

 この他にも、5000万の入れ物が無いので妻(既に亡くなっている)に貸金庫を借りてくれと頼んだとか、借用書は一水会代表(新右翼)が徳田事務所から受け取ってこちらに戻ってきたとか、今までとは食い違う中身になっていた。

 勿論、都議会側は納得せず、総務会は16,17,24日にも集中審議を行うという。

 いずれにしても早くケリをつけて、大事な都予算づくり、オリンピック準備に入ってもらいたいものである。

あわせて読みたい

「猪瀬直樹」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  2. 2

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  3. 3

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  4. 4

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  5. 5

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  6. 6

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  9. 9

    仏、給食費未納問題、正しいアプローチは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    09月18日 12:36

  10. 10

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。