記事

安倍首相記者会見を見て

昨日18時から始まった安倍首相の記者会見を生中継で見ました。

冒頭から、先の国会は「『成長戦略実行国会』と呼ぶにふさわしい国会となった」とアピールしていましたが、むしろ「特定秘密保護法国会」と呼んだ方が正しいでしょう。 記者たちの質問も特定秘密に関することが殆どでした。

成長戦略の三本柱と言われた「改正電気事業法」「産業競争力強化法」「戦略特区法」のうち、私は最初の二本を主査として担当しましたが、あまりにも中途半端な内容だったため、最後まで反対で通しました。また、単純に反対するだけでは無く、みんなの党の精神に則って「対案」と「修正案」を作成しての反対です。

私の属する経済産業委員会でこれらの法案を審議したのですが「個人的には賛成ですが、党が反対してしまったので、仕方なく反対なのです」と他党委員が言ってしまうような状況(笑)。成長戦略を実現するためには、法案が規定する改革では不十分であるという立場 で真剣に反対議論をするのはみんなの党だけなので、闘いは孤独です(共産党は真逆の理由で何でも反対ですが)。

TV中継のある予算委員会以外は中々皆様の目に届かないかもしれませんが(ネットのアーカイブでは観られます)、現場にいると、是々非々で真剣に議論している野党はみんなの党だけだと再認識します。

しかも、どの党よりも自分たちの作った公約(アジェンダ)に忠実に闘っています。 日本版NSCも、特定秘密保護法も、そして成長戦略も、ぶれていません。

ましてや、これだけ反対が多く、対案や修正案を出しての議論を徹底的に展開しているのに、与党にすり寄っているなんて発言をする人は、単純に中身を見ていないか、妄言を吐いて誤魔化そうとしているかのどちらかです。

臨時国会で成立した20本の法案のうち、民主党と維新の会はたったの「2本」しか反対していません(維新の会は特定秘密保護法などで露呈された自公の拙速な審議に対する不信任案にさえ反対し、与党に協力しています)みんなの党は、国民の利益に本当に資するのかという観点から「8本」反対。この数字一つをとっても真実が見えると思います。

あわせて読みたい

「みんなの党」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  5. 5

    環境政策で野党のお株奪う菅首相

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  7. 7

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  8. 8

    次は効かない…日本モデルの功罪

    PRESIDENT Online

  9. 9

    よしのり氏 マスク報道は不正確

    小林よしのり

  10. 10

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。