記事

W杯初出場ボスニア 和解への挑戦

1/2

夢舞台マラカナン

2014年ブラジルで開催されるサッカーの祭典、ワールドカップ(W杯)の1次リーグ組み合わせ抽選会が6日、同国北東部コスタドサウイペで行われた。

旧ユーゴスラビア諸国の1つ、ボスニア・ヘルツェゴビナは唯一の初出場国。20万人もの死者を出した1990年代のボスニア内戦の傷跡は今も生々しく残っている。

98年W杯フランス大会に初出場した旧ユーゴ諸国のクロアチアは3位に入る大活躍を見せ、今年7月、欧州連合(EU)加盟を果たした。ボスニアはクロアチアに続くことができるのか。

ボスニア初出場の舞台裏には、祖国を分断する民族と宗教の壁を乗り越えようとする世代を超えた「イレブン」の飽くなき挑戦があった。

「行くぞ、ボスニア!」

W杯欧州予選グループGを1位で通過したボスニアの原動力は30得点中、10点をたたき出した長身FWエディン・ジェコ選手(27)だ。

現在、英イングランド・プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティで活躍するジェコ選手はソーシャルメディアのツィッターで「初のW杯をマラカナン・スタジアムでプレーできるなんて夢のようだ。待ちきれないよ。行くぞ、ボスニア!」とつぶやいた。

かつて20万人を収容した世界最大級のサッカー場マラカナン・スタジアムは50年W杯ブラジル大会の主会場になり、優勝のかかった試合でブラジルはウルグアイに逆転負けを喫し、「マラカナンの悲劇」と記憶されている。

来年のW杯に備えて改装され、収容人員は7万3531人。ジェコ選手はツィッターに新スタジアムのリンクを張り付け、こみ上げてくる感動を表現した。

アスミル・ベゴビッチ選手(26)=ストーク・シティ=もイングランド・プレミアリーグ屈指のGK。ツィッターに「組み合わせ抽選が頭の中を駆け巡っている!第1試合はマラカナン。楽しみでしょうがない。大変な瞬間だ。さあ、やるぞ!」と書き込んだ。

初戦の相手はFIFA(国際サッカー連盟)ランキング3位の強豪アルゼンチン。残りの対戦国は格下のイランとナイジェリアだ。ボスニアの決勝トーナメント進出への期待は大きく膨らんでいる。

内戦世代

ジェコ選手も、ベゴビッチ選手も少年期にボスニア内戦を経験した世代だ。

旧ユーゴ崩壊の過程で、ボスニアは92~95年、「ボスニアック」と呼ばれるイスラム教徒、セルビア正教徒のセルビア人、カトリック教徒のクロアチア人が血で血を洗う内戦を繰り広げ、死者20万人、難民・避難民250万人以上を出した。

旧ユーゴは「7つの国境、6つの共和国、5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字、1つの国家」と言われるモザイク国家だったが、強力な指導者ヨーシプ・ブローズ・チトー(1892~1980年)の死去とともに国民国家としての求心力を失った。

ベルリンの壁崩壊は旧ユーゴでは不幸にも、イスラム教徒とセルビア人、クロアチア人の民族主義と殺戮の記憶を呼び覚ました。

希望灯したサッカー

リンク先を見る
サラエボの体育館で練習する少年サッカーチーム「ブバマラ」(筆者撮影)

ボスニアの首都サラエボはセルビア人勢力に包囲され、200万発の迫撃弾が撃ち込まれた。内戦の最中、サラエボの体育館で「ブバマラ(テントウ虫の意味)」と呼ばれる少年サッカークラブが誕生した。六角形と五角形を組み合わせたサッカーボールのデザインはテントウ虫の背中に似ている。

それが「ブバマラ」というクラブ名の由来だ。ボスニア代表のゴールゲッター、ジェコ選手もブバマラに集まってきた少年の1人だった。

「ジェコ選手の才能はひと目見たときから明らかでした。将来、偉大なプレイヤーになると確信していました。ジェコ選手はその後、プロのユースチームに移籍しました。ブバマラからは現代表DFのエルビン・ズカノビッチ選手も巣立っています」

リンク先を見る
内戦の最中、少年サッカーチーム「ブバマラ」を創設したパシッチ氏(筆者撮影)

2年前、サラエボを訪れたときに知り合った旧ユーゴ代表の快速ウィング、現在はサラエボで画廊を経営するプレドラッグ・パシッチ氏(55)に電話をかけると、うれしそうな声が返ってきた。パシッチ氏はブバマラの創設者だ。

筆者も少年サッカーの指導者を4年間した経験があるので、ブバマラの練習風景を見学させてもらった。運動能力に秀でた子供たちが真剣な眼差しで練習に取り組んでいた。

サッカーだけが成功の道

ボスニアは今も失業率44%超、月の平均収入が350ポンド(5万9千円)程度という貧しい国だ。少年たちにとってサッカーが唯一の成功への道と言っていい。

「ジェコのようにお金の稼げるスター選手になって」。目の色を変えて、コートサイドで子供たちに指示を出す親たちの入れ込みようは相当なものだ。

セルビア人のパシッチ氏は内戦が勃発したとき、イスラム教徒の妻と結婚していたが、夫婦関係は破綻した。3つの民族と宗教、文化が混ざり合ったサラエボを愛していたパシッチ氏は2人の娘とともに地下室生活を余儀なくされた。

パシッチ氏は絶望的な状況の中で子供たちに希望を与えたかった。「夢中になってサッカーボールを追いかければ、子供たちは笑顔を取り戻せる。サッカーが民族や宗教の壁を取り除いてくれる」

パシッチ氏はサッカーとともに成長してきた。バラバラに引き裂かれたボスニアのためにできることはと自問したとき、サッカーしか思い浮かばなかった。それがブバマラを始めた動機だった。

しかし、パシッチ氏は内戦の最中、目の当たりにした絶望についても初めて口を開いた。パシッチ氏は強豪クラブ、FKサラエボに所属していた。

あわせて読みたい

「ボスニア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋事故 プリウスが欠陥なのか

    諌山裕

  2. 2

    ゴーン氏弁護人 TBSに法的手段も

    高野隆

  3. 3

    音喜多氏「むちゃくちゃ悔しい」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    10連休給食なし 痩せる貧困の子

    BLOGOS編集部

  5. 5

    「お疲れ様」と言い過ぎな日本人

    サイボウズ式

  6. 6

    中国が世界でばらまく広告の正体

    WEDGE Infinity

  7. 7

    AAA 知っているのは西島くらい

    渡邉裕二

  8. 8

    10連休の寝だめが招く健康リスク

    BLOGOS編集部

  9. 9

    スリランカ爆破の裏に当局の失態

    WEDGE Infinity

  10. 10

    橋下氏 政治家は実行してなんぼ

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。