記事

たった1ヵ月で読者数は2100万人! 弱冠20歳が立ち上げたバイラルメディア「Distractify」が驚異的

画像を見る

2013年10月に弱冠20歳が立ち上げたばかりのウェブメディア「Distractify」。

1ヵ月後、そのメディアのユニークユーザー数が2100万人を記録しました。

史上最速で成長するメディア「Upworthy(アップワーシー)」 や月間訪問者数が1.3億人を突破した「バズフィード」、 ワシントンポストが打ち出したメディア「Know More」など、海外では続々とバイラルメディアが生まれています。

流入の9割がFacebookから

そのような先行するバイラルメディアの流れに乗るように「Distractify」も立ち上がりました。スタート後、1ヵ月で2100万もの訪問数、3300万ページビュー、そして流入の9割がFacebookからとのこと。

先日の「バズフィード」の記事でも紹介しましたが、アルゴリズム変更期だったこともあり、それが驚異的な数字の要因となっているようです。

気になる記事コンテンツですが、バズフィードでもおなじみの動物まとめなど、リスト型の記事が多く見られます。

今後はネイティブ広告獲得へ

このメディアを立ち上げたQuinn Huは、20歳の若者。Youtubeクリエイターとして活躍後、「Distractify」をつくりました。

チームは3人からスタートし、現在は5人まで増えています。今後はクリエイティブの体制をつくり、ネイティブ広告にも力を入れていくようです。上述のバイラルメディアもネイティブ広告に力を入れています。

「スポンサードコンテンツ」を支える広告制作チームとは/海外ウェブメディア4事例 』という記事でバズフィードの広告についても書きましたが、今年だけで600〜700本のスポンサードコンテンツを制作し、6000万ドルの収益を上げています。

また、アップワーシーもゲイツ財団とコラボしてスポンサードコンテンツの展開をスタートしました。バイラルメディアとスポンサードコンテンツは相性が良いのかもしれません。

小さいチームで影響力のあるメディアがつくれる時代

海外ではバイラルメディアがどんどん出てきていますが、「Distractify」は記事終わりの導線をFacebookのシェアのみにしぼっているなど工夫されています。

今回を紹介した「Distractify」を見ていると、小さいチームでも影響力のあるメディアがつくれる時代なんだなと感じます。

バイラルメディアの動向については引き続き、情報を追っていきたいです。

 

【参考記事】

あわせて読みたい

「バイラルメディア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  3. 3

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  4. 4

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  5. 5

    三菱UFJが傘下の米銀80億ドルで売却、USバンコープと提携模索

    ロイター

    09月21日 20:06

  6. 6

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

  9. 9

    コロナ禍で育つ生徒たち 後世での「コロナ世代」呼ばわりを懸念

    船田元

    09月21日 10:45

  10. 10

    “超節約”で『FIRE』実現も…越えた先に思わぬ壁 達成者が伝えたい注意点

    ABEMA TIMES

    09月21日 13:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。