記事

保育士の予防接種歴及び抗体価確認を行うことの重要性

風疹をなくそうの会『hand in hand』共同代表
西村 麻依子
2013年12月6日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp
昨年10月、第二子となる長女を出産した。ある日胎動がなくなり、6週間早く帝王切開で産まれた。妊娠7週目に風疹に罹ったため、胎児発育遅延があり、出 生時の体重は1582g、身長40.2cmと標準より小さかった。咽頭拭い液と尿から風疹ウイルスが検出され、先天性風疹症候群(CRS)と診断された。 出生直後は一過性の血小板減少症・動脈管開存症、貧血、脳室拡大と脳の一部石灰化等があったが、今はそのほとんどが回復し、現時点では大きな障がいは見つ かっていない。しかし、医師からは、脳室拡大の影響により今後発達障害が出る可能性があるといわれている。

実は、長男の妊娠中に風疹の抗体価が低いと指摘されていた。しかし、「授乳中にワクチン接種はしてはいけない」と思い込んでいたこと、どこで打てるものか 分からなかったこと、妊娠中に風疹にかかってはいけない理由も充分に知らなかったこともあし、未接種のまま長女を妊娠。そして、風疹に罹った。

風疹を発症した時、仕事先の保育園で保育士として働いていた。もちろん確定診断をされてからは休職したが、発症した時点で既にウイルスの排泄は始まっていたはずだ。幸い、その後、職員や園児に発症した人はいなかった。

出産後、全国のCRS患者の家族や当事者とワクチン接種の啓発活動を始め、6月と9月に厚労省へ臨時接種を求める要望書の提出を行った。
6月の要望書提出の後、バッシングがあった。その多くは「おまえがワクチンを打っていなかったから子どもを障がい児にさせただけなのに、なんで国を訴えて いるんだ」といった、要望書の内容とは違うものだったが、ひどく落ち込んだ。しかし、その中に「子どもを預かる仕事のくせに接種していなかったのか」と いったものがあり、はっとした。

確かに、私はこれまで1度もワクチン接種歴について確認をされたことは無かった。これは風疹に限らず、全てのワクチンについてである。感染症に罹るリスク が高い仕事であることは理解していたが、自分が予防をしなかった為に感染源になり、多くの園児や保護者、同僚にうつしてしまうリスクについては、あまり考 えていなかったことに気づいた。

この状況を何とかしたいと思い、まず、看護師の世界ではどのような対策をされているかを伺った。看護師の多くは養成課程への入学時、病院等での実習前、入 職時に抗体検査を行い、学校や実習先の病院に結果を提出しているとのことだった。それは、各学校や病院が患者安全のために独自にしていることで、制度化さ れたものではないと知った。

9月の要望書提出の際に、厚労省の方に保育士と看護師の現状の違いを説明し相談した。後日、10月の『第二回風疹に関する小委員会』で発言する機会を頂い た。そこで保育士養成校の入学時、実習時、入職時の予防接種歴及び抗体検査の実施の必要性と、保育士の職業倫理として感染症にかかりやすいリスクをカリ キュラムに入れて学習し、自分を守るため、園児・保護者・同僚を守り、集団感染しないためにワクチン接種歴を確認、必要な場合は接種を勧奨する重要性を発 表した。また、保育士は試験だけでも取れる資格のため、試験内容に盛り込むなどをすること、保育所が現在、職員や実習生に対してどのような予防接種の対応 をしているかの実態調査についても提案した。なぜならば、厚生労働省からはすでに「保育所の感染症対策ガイドライン」が出ており、その中で保育者の責任と して、予防接種を含めた自身の健康管理についても明記されているからである。せっかくの指針があっても実行できなければ子どもたちの健康や命を守ることに はつながらない。

現時点で、厚労省からこれに対する具体的な対策は出ていない。しかし、相談したある園の園長が働きかけてくださり、神戸市の保健所は9月、私立保育園園長 に対し、保育士の接種歴の確認(MRワクチン2回)、及び今後妊娠を希望する職員へ啓発を行うよう通知を出した。この素早い対応には感謝している。今後、 より踏み込んで、監査時の項目に入れるなど、より確実に保育園の経営者が保育士の健康管理を支援してもらいたいと思っている。この動きが全国的になり、子 どもや保護者、保育士自身が安心して過ごせる環境になることを願っている。

厚労省への要望書提出(9月)http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201309/0006329758.shtml
第2回風疹に関する小委員会 【資料3】
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000026990.html
CRS患者会 「風疹をなくそうの会『hand in hand』ブログ」
http://ameblo.jp/tonokunn/entry-11601683987.html
保育所における感染症ガイドライン
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku02.pdf
西村麻依子ブログ『COTO*HANAぶろぐ』
http://ameblo.jp/boo-to-cotton/

【略歴】西村 麻依子(にしむら まいこ)
1982年生。兵庫県在住。短大を卒業後、保育士として働く。2012年3月、第二子妊娠判明。妊娠7週目に風疹に罹る。同10月、緊急帝王切開で女児出 産。先天性風疹症候群と診断される。2013年3月、NHKに取り上げられたのをきっかけに啓発活動を開始。8月に患者会「風疹をなくそうの会『hand in hand』」設立。共同代表の1人。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  2. 2

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  3. 3

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    山尾氏が手続きせず倉持氏と旅行

    文春オンライン

  5. 5

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  6. 6

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  7. 7

    田口容疑者の大麻所持に幻滅の声

    女性自身

  8. 8

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  9. 9

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。