記事

Amazon、BMW向けにクラウド型音楽サービス「Amazon Cloud Player」連携を開始

リンク先を見る

AmazonはBMWの車載システム向けに、クラウド型音楽サービス「Amazon Cloud Player」を連携することを発表しました。

「Amazon Cloud Player app for iOS」の最新アップデートにより、iPhoneユーザーはBMW Apps搭載のBMW、またはMINI Connected搭載のミニクーパーのダッシュボートやコントローラ搭載ハンドルから、クラウドに保存した楽曲ライブラリーにアクセスして音楽が楽しめます。

リンク先を見る

Amazon Cloud Playerではユーザーは無料で最大250曲、有料会員なら年間24.99ドルを支払い最大25万曲までクラウドに保存してモバイル端末やPC、kindleなどでいつでもアクセスすることができます。Amazon Cloud Playerは日本でも利用が可能です。

リンク先を見る

車内での利用には以下のようなメリットがあります。
・256kbps高音質に対応
・iPhoneに音楽をダウンロードする必要なし
・車内にCDを置いておく必要なし

2011年に発表された「Cloud Player」は、これまで『マッチ&スキャン』機能や有料会員向けに無制限の音楽用ストレージの提供など機能拡張を行ってきました。Amazonは2012年にAmazon Cloud PlayerのiPhoneアプリをリリース、2013年初めにはiPad対応、10月にはMacアプリをリリースするなど着実に製品開発を進めています。Amazon Cloud Playerはこれまでフォードの自動車に搭載されてきました。

Amazonとしてはアップルが自動車に参入する前にできるだけ多くのメーカーと提携しておきたいはず。またAmazonで購入したMP3をすぐにクラウドに保存でき、モバイルデバイスや自動車からアクセスできるプラットフォーム戦略も自動車にも応用ができます。意外と日本は自動車大国にもかかわらず、外部サービスとの連携が弱いように感じます。

よく感じるのは、メーカーは独自アプリを作ることは行うけれど、立ち上げたばかりのアプリではユーザーも獲得することができず、そのうちに初めの頃の熱が終息してしまうことです。それならユーザーが普段使っているサービスを連携させたらどうなのかと思いますが、一方でどのサービスがポピュラーかと問われると、答えに困ってしまいます。

ですので、可能性がありそうなのは、ユーザーがすでに保有している音楽ライブラリをスキャンし、同じ楽曲を利用できるようにする「スキャン&マッチ」機能だと思っています。となるとアップルのiTunes MatchかAmazon Cloud Playerというところに期待しています。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  6. 6

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    原則自宅療養の方針に橋下徹氏が懸念「国と地方で責任の押し付け合いがはじまる」

    橋下徹

    08月03日 21:37

  9. 9

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

  10. 10

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。