記事

就職活動は再来年3月31日まで共に支え合える仲間と。

12月になり、現大学三年生の就職活動が始まりました。就職先が決まらないまま卒業した若者や、大学四年生の就職支援などをしてきました。

その際、非常に重要だと思うのが再来年の3月31日まで共に支え合える仲間の存在の有無です。ソーシャル・キャピタルの 構成要素でもあります。

最初はある意味よーいドンッでスタートします。早い方は本当に早く希望の企業より内定をもらうでしょう。できれば早く終わるに越したことはないのかもしれません。

最初のポイントは「夏休み前」のようです。多くの学生は夏休み前までに就職活動が終わるよう、終われるようイメージを持っているのではないでしょうか。

プランニングも、ファンディングもそこらへんを目処に考えているようです。

しかし、すべての学生が夏休み前に就活を終えるわけではなくいわゆる「弾切れ」になるひともいます。

※「弾切れ」とは選考中の企業がなくなってしまうことだそうです。付随して、資金的にも苦しいことを指すときもあるとか。

当然、夏休みも就活を継続しますが、炎天下のなか汗だくになって就職活動をするのは肉体的にも厳しいですが、精神的にもつらいものです。特に、内定が決まった友人らは、就活以外のことに時間を使います。夏の時間の使い方についての話を聞くことも、実際の活動状況を知ることも、精神的にシンドイそうです。

夏が終わり、秋になると大学四年生がキャンパスに来ることが少なくなります。それだけでもさびしいですが、キャリアセンターなどもサポートはしてくれますが、どことなく現大学三年生のサポートをしていく雰囲気となり、居心地が悪くなり、足が向かなくなります。

友人との関係も希薄になりますが、一番の支え手でもあるキャリアセンターのカウンセラーとの相談や面談もなくなっていきます。情報も入らなくなってきます。

そうこうしているど卒業論文の話がでてきます。ゼミや論文仲間と話をするときも、自分がまだ就職活動中というのはつらいそうです。

自分自身が積極的にそれを打ち明けるのも憚られます。恥ずかしさもあるそうです。一方で、周囲の友人も、あえて腫れ物に、ということではなく、何をどう話しかけていいのか。応援していいものか。何かしらのアクションによって、友人関係に亀裂が入ることが怖くて、そうこうしていると関係が薄くなっていくようです。

率先して孤立するわけでもなく、周囲がそう意図的に追い込むわけでもなく、何となく、何となく一人になっていく、心身ともにしんどくなっていくプロセスは、若年無業者における「求職型」→「非求職型」→「非希望型」のプロセスと似ています。

就活していたところから、就職しなければならないが行動する気力がなくなっていき、気がつくと就職のことを考えることもできなくなる。

そんな学生を見ていて重要だなと思うのが、就職活動に望むに当たり再来年の3月31日まで共に支え合え、笑い合える友人とともに歩んでいくことではないでしょうか。

そう考えると、何でも相談できて、どんな状況でも笑い会える親友(Strong-Ties)をイメージしますが、むしろ、強いつながりだからこそ、その関係性が壊れないよう、心のどこかで気をつかうこともあります。

親友は親友で大切ですが、もう方々であまり学内で話をしたわけでもない、アルバイト先など学外だけれども、会えて日時を設定しなくても会うゆるやかな関係(Weak-Ties)の友人らの存在が案外大きいように思います。

普段、密度高く関わることがないからこそ、さらっと情報提供があったり、少し痛いけれども重要な助言をしてくれたりするのではないでしょうか。

大学生の就職のあり方の議論はありますが、当事者となってはそれが変更されるのを待ってられないということもあるかと思います。

いろいろな準備なども大変だと思いますが、ぜひ、再来年の卒業の日、3月31日まで支え合える仲間と共に頑張ってください!

※育て上げネットでは、現在、奨学金返済義務のある現大学四年生および既卒者の方々の就職サポートを行っております。

 参加は無料ですが、参加にかかる交通費をご支援させていただいております。

 ご興味ありましたらご活用ください。

http://ameblo.jp/sodateage-kudo/entry-11710077095.html

NPO法人「育て上げ」ネット 理事長 工藤 啓

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  5. 5

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  6. 6

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  7. 7

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  8. 8

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  9. 9

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  10. 10

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。