記事

スマホは「全部盛り」ではない

先日、「情報化社会がもたらした全部盛りという病」http://blogs.yahoo.co.jp/mediakatsuya/64785403.htmlというタイトルでブログを掲載し、「全部盛り」、つまりなんでもかんでも片っ端から盛ると、テーマとアイデンティティを失い、わけがわからなくなることを指摘しておいた。そして、この現象が情報化社会の情報過多とそれによる意味の希薄化による必然的な帰結であり、その結果、若者の文章能力の崩壊と、メイド・イン・ジャパンの製品のヘタレ状況を生んだと結論づけた。

スマホだって全部盛りじゃん!

さて、このブログに面白いコメントが返ってきた。僕は、全部盛りをやった挙げ句、ダメになった典型的な製品として日本製ケータイ(以下、ガラケー)をあげたのだけれど、これにツッコミが入ったのだ。

それは 「スマホはガラケー以上に全部盛りなのに、普及しているじゃないか!」 というもの。

この指摘に僕は、 「残念でした。スマホは全部盛りではありません。だから普及したんです」 と返そうと思う。

確かにメイド・イン・ジャパンのガラケーは全部盛りになってイメージが分散し、わけがわからなくなってお客が去って行った。だが、これに入れ替わったスマホも、見た目は確かに全部盛りに見える。しかし、この二つ。実は、たとえ機能の数が同じであったとしても、つまり同じように盛ってあったとしても質的には全然違うものといっていい。というのも、全部盛りに見えるかどうかはユーザーの認識によって決定されるからだ。

はじめから全部盛りか?結果としての全部盛りか?

二つの違いは明瞭だ。 ガラケーの方は始めから全部盛りなのだ。だから、どこからとっかかればいいのかわからない。また、はじめからメチャクチャ機能がついているので、そのことを想像しただけで腰が引けてしまう。「えーっ!こんなにおぼえなくちゃなんないのか」というわけだ。かつ、これが何物なのかについてのイメージもまた、分散させてしまう。

スマホ購入時のイメージは案外、明瞭だ。インターネット・ブラウザ、メーラー(最近はSNS)、ミュージック・プレイヤー、そしてカメラの四つだけ。もちろん、天気予報、電卓、懐中電灯、スケジューラーといった機能も標準装備だが、これらはあくまでアクセリー扱い。つまり、機能の優劣に明確な線引きがなされている。だから、さしあたり前述の四つだけを念頭に置けばいい。インターフェイスもわかりやすい。ディスプレイ上に同じ大きさで表示されたアイコンにタッチするだけだ。一方、ガラケーのほうはそうではない。必要とする機能にたどり着くために、何回もキーを操作するなんてことをやらされる。これまた煩雑だ。

もちろんスマホはアプリをダウンロードすればケータイなど及びもつかぬほどの多機能の「究極全部盛りマシーン」に変貌する。しかし、普通に使っていれば、どれだけ盛ってもイメージが曖昧になることは、まずない。なぜか?それは、機能をユーザーが任意に盛っていくのが原則だからだ。つまり、ちょっと面白そうなアプリがあったら、とりあえずダウンロードしておく。で、気に入れば自分が常用するアプリの一つに加えられるし、気に入らなければ削除される。つまり、スマホの盛り方、いいかえればアプリの追加は、常にユーザーが自分にとってのスマホイメージを構築していくかたちでおこなわれるのだ。だから、結果として出来上がった全部盛りはイメージを曖昧にするどころか、むしろ強化する。ユーザーはスマホに並んだアプリのアイコンパレードを眺めて、そこに自らの分身を見ることになる。つまり、スマホに対してアイデンティファイすらしていくのだ。だからトライ・アンド・エラーを繰り返し、操作すればするほどしっくりとくるマシンへとスマホは変貌していく。

ラーメン二郎の「全部のせ」はなぜ人気なのか

有名なラーメンの名店・ラーメン二郎の名物は「全部のせ」だ。煮卵、チャーシュー、もやし、キャベツといったものが「これでもか」と言わんばかりに盛ってある(いわゆる「メガ盛り」)。そう、全部盛りの元祖みたいなものなのだが、これが大人気なのもスマホと同じ理由からだろう。一般的にラーメーンは全部盛りにすると、たいていはマズくなる。味のバランスが崩れ、温度が下がって、のびたようなラーメンを食べさせられることに。つまり盛ったお陰でイメージが分散してしまう。一方、ラーメン二郎の全部のせはそうではない。全てを乗せることで絶妙なバランスを作り上げる。つまり、全てを盛った時、ベーシックなものしかのせられていないスタンダードなラーメンとは異なった統一感、宇宙観を作り上げる。おそらくジロリアン(ラーメン二郎の熱狂的なファン)は、この世界=コスモスに惚れ込んでいるのではなかろうか(ちなみに僕は個人的にはラーメン二郎のラーメンは好みではないが、これが、とりわけ全部のせが、なぜ売れるのかは理解できる)。

全部盛りは表層、本質は統一感=世界観の有無にある

そう、全部盛りであろうとなかろうと、統一感があればそれは一つの世界観を作り上げているわけで問題がない。スマホの「全部盛り」とラーメン二郎の「全部のせ」は、そういった点で軌を一にしているのである。二つともイメージがクッキリしている。

いいかえれば、文章であろうと、メイド・イン・ジャパンのプロダクトであろうと、今、求められているのは、この統一感=宇宙観なのだ。

アップルの製品が売れるのは、もっぱら、ここに起因する。

※追記:ただし、あくまで「盛ったもの」にユーザーが世界観や統一性を見ることができるかどうかがポイントなので、スマホであってもネガティブなイメージが分散した「全部盛り」に見えるという人間も存在することをお断りしておく。とりわけ、高齢者にとっては、スマホがそのようなものに見える可能性は高い。

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  9. 9

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  10. 10

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。