記事

社会貢献・CSR的総合企業ランキング「NICES(ナイセス)2013」

社会貢献・CSR的総合企業ランキング「NICES 2013」

日本経済新聞社は総合企業ランキング「NICES」の今年度版を発表しました。

ちなみに去年のCSR関係ランキングのデータは「CSR担当者必見!CSRランキング・アワード19選[2012年版]」の記事をご確認下さい。

働きやすさや社会貢献度など指標とする、総合企業ランキングNICES。今年のランキング概要を確認してみましょう!

ソースは、「日経電子版」と、「日経リサーチ」です。

社会貢献・CSR的総合企業ランキング

NICESトップ10

1、セブン&アイHD
2、トヨタ自動車
3、日産自動車
4、NTTドコモ
5、東レ
6、キリンHD
6、ホンダ
8、イオン
9、味の素
9、ダイキン工業
9、日立製作所

コメント

業績、働きやすさ、社会貢献、成長性など総合的な観点で上場企業を評価する方式で、人材活用に優れた企業が上位に入ったようです。

NICESは株式時価総額の増減などで「投資家」、認知度といった「消費者・取引先」、人材活用の「従業員」、環境対策など「社会」、成長性を測る「潜在力」の5項目をランキングし、合計で総合順位を決めたとのこと。

この手の総合企業ランキングでは、社会貢献が評価の大きな柱になっていますね。ここ数年の傾向であるので、来年もそのまま継続していくでしょうね。

僕は、2014年のCSRのトレンドは人材活用(社内・社外問わず)つまり、HR(ヒューマン・リソース)の分野が来ると思います。まぁ、実際、もう来てますけど。

Yahoo!ニュースで「祝・流行語大賞! 「ブラック企業」が採用困難になる時代へ」という記事も書きましたが、なんといっても、2013年の流行語は「ブラック企業」ですからね。

このあたりの記事「ブラック企業問題は人権問題? 課題解決のためのラギー・フレームワーク「ビジネスと人権に関する指導原則」」も参考になるでしょう。

社内でも社外でも、人にフォーカスがあたることは間違いないです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

CSR関連の企業ランキングの仕組みは、去年より変わっていない印象があります。

この手のCSRランキングを紹介すると、どうやったらこれらのランキング上位に行けるのか?という質問をもらうことはあります。

「なんで僕に聞くねん」と思いながらも、色々アドバイスをさせていただくことがあります。

結論、ランキング狙いのCSRなどは継続しないし、経営結果に結びつけにくいので参考程度に考えて、まず来年は「人材」というポイントに注目してみるのもよいかもしれませんね。

あわせて読みたい

「CSR」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    張本勲氏のサンデーモーニング卒業「喝!」を入れ続けたハリーにあっぱれ!

    中川 淳一郎

    12月06日 10:40

  2. 2

    「もうやめました」パチンコ店に突撃した自粛警察が語る現在の心境

    石戸 諭

    12月06日 12:15

  3. 3

    「コールでも回し飲みでもない」保健所が見落としていた歌舞伎町の"本当の感染経路"

    PRESIDENT Online

    12月06日 15:53

  4. 4

    今年の目玉はマツケンサンバ!? NHK紅白歌合戦に漂う「終焉」の空気

    渡邉裕二

    12月07日 09:02

  5. 5

    ふるさと納税を毎年続けるのは「罪深い」行為?

    内藤忍

    12月06日 13:01

  6. 6

    新型コロナ下の報道と衆議院選の結果から見えた日本のマスコミの限界 - 佐藤敏信

    先見創意の会

    12月07日 09:23

  7. 7

    「オミクロン株」を語るのは時期尚早 医者の矛盾した発言に違和感

    自由人

    12月06日 09:32

  8. 8

    『テレビ千鳥』料理企画に仕掛けた“美味しさで包んだ悪意”

    いいんちょ

    12月06日 10:02

  9. 9

    「街の書店が消えてゆく」…書店をめぐる状況は今、とても深刻だ

    篠田博之

    12月06日 09:54

  10. 10

    世界から人権侵害の一環として捉えられた彭帥問題 北京五輪への影響を中国は苦慮

    舛添要一

    12月06日 09:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。