記事

AKB48は果たして衰退期なのか

1/3
最近AKB48についての世論でよく聞く言葉がある。
「AKB48ブームは終わって衰退期に入った」
「AKB48は古い、これからももクロだ」
「AKB48はスキャンダルでしか興味を惹きつけることができない」という意見だ。

果たしてAKB48は本当に衰退期に入っているのだろうか。
今回はこれをテーマとして述べたいと思う。

先に断っておくと、私はアイドル・グループ全般が好きであり、48グループのイベントには行かないが、特に偏って好き嫌いがあるわけではなく、そのため特に肩入れも穿った見方もしていないつもりである。

◎製品ライフサイクルの概要

一般的に商品の売上推移をプロットすると、製品ライフサイクルとして有名なS型の波形を描く。
(参考:製品ライフサイクル from Wikipedia)

リンク先を見る
製品ライフサイクル
縦軸は(A)販売数と(B)利益 横軸は時間
1.導入期 2.成長期 3.成熟期 4.衰退期

そのライフサイクルの各ステージを導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つに分け、各ステージに適したアクションを取るのが製品ライフサイクル・マネジメントである。

このS型の波形以外に様々なパターンの波形が存在するが、ここでは話を単純化するため省略する。

◎AKB48の興味度推移は現在どの状況にあるか

この製品ライフサイクルの理論を前提を基にAKB48のGoogle検索数から算出された興味度の推移を見ると以下のようになる。

このグラフを基に簡単にAKB48の歴史と紐付けていく。
2005年12月に小さな専用劇場で生まれたAKB48は2009年の第1回選抜総選挙で世間から若干注目を集め、それを契機に2010年初頭より急激に興味度が伸び始める。

そして前田敦子が大島優子から再び1位の座を奪い返したドラマで盛り上がりを見せた2011年6月の第3回選抜総選挙において、AKB48単体のピークを迎え徐々に興味度を落としていくのである。

現在のアイドルシーンの先頭に立ったAKB48の躍進をみてこの2011年の少し前から他の芸能事務所が参入し始め、多くのアイドル・グループが生まれることでアイドル市場における競争は激化し、アイドル戦国時代と呼ばれることとなる。
そして他のアイドル・グループによる代替商品が増えることによりAKB48は成熟期に突入し、ついには現在に入り、成長期にブレイクしはじめた2010年5月時点を割り込み始めている。

このグラフを見るとAKB48は衰退期に入ったと言えるだろう。

しかし、もう一つのグラフを見て頂きたい。

こちらのグラフだけを見ると、まだ成長の余地がある成長期か、成熟期に差し掛かった段階にも見える。
先程のグラフと一体何が違うのだろうか。

この検索数の推移はAKB48の組織体制や育成方法など組織システムのテンプレートを名古屋(SKE48)やジャカルタ(JKT48)、さらには公認ライバル(乃木坂46)という位置付けで展開している日本5、海外3、計8グループの興味度を総計したグラフである。

リンク先を見る

下のグラフは、青色がAKB48単体、黄色が日本国内の48グループの総和、
赤色が国内+海外48グループの総和を興味度で比較した。

このようにAKB48単体で見ると衰退期に入っているが、
48グループ全体ではまだ成長期か成熟期~衰退期の手前の段階であることが分かる。

あわせて読みたい

「AKB48」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  3. 3

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    携帯料金 値下げは1000円程度か

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。