記事

ウォール・ストリート・ジャーナルがウィキリークス型サイト「セーフハウス」を立ち上げ

既に速報が出回っていますが、ウォール・ストリート・ジャーナル誌(WSJ)がウィキリークスのように匿名での情報提供を可能にするサイト「セーフハウス(SafeHouse)」を立ち上げたとのこと:

The Wall Street Journal Launches a WikiLeaks Competitor, SafeHouse (The Atlantic)

As WikiLeaks grew more popular -- and began its extended series of document dumps and collaborations around files presumably received from Bradley Manning -- journalists began to wonder aloud, "Why didn't we build this thing?" Indeed, in its purest form, WikiLeaks was simply another way of gathering leaks and tips, long a major part of any reporter's job. And several news outlets have been rumored to be building WikiLeaks-like portals. Al Jazeera's is even already up and running, having launched in January.

Now, about five months after WikiLeaks began releasing thousands of State Department documents, theWall Street Journal has unveiled SafeHouse, a secure uploading system for sending "newsworthy contracts, correspondence, emails, financial records or databases" to the WSJ.

ウィキリークスの人気が高まり、ブラッドリー・マニング(※ウィキリークスに機密情報を提供した元米軍兵士)から得られた情報の公開と分析が始まると、ジャーナリストたちは「なぜこんなサイトを自分たちで作ってこなかったのだろう?」と考えるようになった。実際にウィキリークスはリークや機密情報を集めるサイトなわけだが、それは長らく記者の主要な仕事とされてきたものだ。これまでにいくつかの報道機関がウィキリークス型のポータルサイト設置を計画しているとの噂が流れており、実際にアルジャジーラが同様のサイトを今年1月に開設している。

そして国務省から流出した公文書をウィキリークスが公開し始めてから5ヶ月が過ぎたいま、ウォール・ストリート・ジャーナルが新たなサイト「セーフハウス」を公開した。これは安全が確保されたアップロードシステムで、「ニュース性の高い契約書や通信文、電子メール、財務記録、データベースなど」をWSJに送ることができる。
こちらが実際の「セーフハウス」のスクリーンショット。当然ながら名前やメールアドレス、電話など全て記入しなくても、ファイルを添付して送信することができるようになっています:

リンク先を見る

ただ無記名だから情報提供者の匿名性が保たれるわけではなく、データの暗号化など技術的な面でも配慮がなされなければ、すぐに情報提供者の安全が脅かされることになります。この点について、ウィキリークスにボランティアとして参加しているセキュリティ・リサーチャーのJacob Appelbaum氏(@ioerror)が、Twitter上でセーフハウスには問題があることを指摘しています。まあウィキリークス関係者の意見なので鵜呑みにするわけにはいきませんが、彼らには先行者としてリークサイトを運営してきた知見がありますから、WSJの気づいていない問題点が残されている可能性は否定できないでしょう。

そして情報提供者にとっては、機密情報をアップロードして全てが終わるのではなく、その情報がどのような形でリークされるのかが重要になります。実はリークサイトが裏側で政府とつながっていて、秘密裏に口封じされてしまう……などという陰謀論めいた不安はさておくとしても、情報の分析が不十分で、社会に対してさしたる影響のないまま終わってしまうという恐れは十分にあるでしょう。実際に以前ご紹介した本『ウィキリークス アサンジの戦争』では、ウィキリークスがマニング氏から入手した情報をそのまま公開するのではなく、ニューヨークタイムズ紙など実力のある報道機関と協力・情報を分析して公開することで、リークを最大限に活かす努力が行われていた様子が明らかにされています。

仮にWSJがこのような分析・公開ステップで何らかのミスを犯すようであれば、機密情報を手に持つ人々はやはりウィキリークスを頼るようになるでしょう。セーフハウス、あるいはその他のウィキリークス競合サイトが成功するか否かは、今後彼らが入手した情報をどれだけ適切に扱えるかどうかで決まってくるはずです。

リンク先を見る ウィキリークス WikiLeaks  アサンジの戦争画像を見る
『ガーディアン』特命取材チーム デヴィッド・リー ルーク・ハーディング 月沢 李歌子

講談社 2011-02-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  6. 6

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  7. 7

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  8. 8

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。