記事

「垢BAN祭り」はFacebookの価値を損ねない

昨日Facebook上で、ちょっとした騒ぎがありました。運営側から「実名で登録されていない」と判断された(と思われる)アカウントが次々停止され、中に著名な人々も含まれていたため「祭り」状態となってしまったのです:

Facebook、春の垢BAN祭りが始まったよ!(Togetther)

まとめられた@kanoseさんまでBAN(停止)の対象になってしまっているということで、「こんな著名人までBANしてたら日本でユーザー増えないだろ!」的な感想も多いようですね。確かに「Facebookは実名主義」という点は知られていても、ここまで強権的に取り締まると思っていなかった方が多いでしょうから、短期的にはネガティブな印象を持たれてしまう可能性があると思います。ただ長期的に見れば、この対応はFacebookにとってプラスになるのではないでしょうか。

※ただしFacebookにとってプラスというだけで、実名主義で行くのが正しいという意味ではありません。実名か匿名か、という議論はここでは踏み込まないでおきたいと思います。

先日「Facebookは実名制をあきらめて『革命』を支援すべきか?」という記事を書きましたが、その際にも解説したように、いまFacebookは「これだけ社会にとって重要なコミュニケーションプラットフォームになった以上、民主化活動家のような人々には(当局に個人特定されてしまわないように)匿名での使用を許可するべきではないか」という意見に直面しています。実際にエジプトでの抗議活動で注目されている"We are all Khaled Said"と"6th of April Youth Movement"という2つのファンページ/グループ(詳しくはこちらの記事で解説しています)については、その運営者を「実名登録していない」という理由で、過去にアカウント停止処置を行ったことがあったそうです。仮にそのまま活動ができない状態だったとしたら、今回の事態にも何らかの影響があったかもしれません。

そのような経緯があったにもかかわらず、未だに匿名は許可していないわけですから、いかにFacebookが実名制にこだわっているか理解できるでしょう。しかし別の側面に目を向けると、逆に実名制を捨ててしまった場合のリスクがあることも分かります。例えば『Facebook 世界を征するソーシャルプラットフォーム画像を見る』には、次のような事件が取り上げられています:
未成年の女性が、初対面の「なりすまし」男に殺された事件。

2009年10月、イギリスのダラム州でアシュリー・ホールさん(17歳/以下、カッコ内は当時の年齢)の遺体が見つかった。彼女はその前日、母親に「友人の家に泊まる」と言って、家を出たという。

遺体が見つかったその日、警察は過去に性犯罪歴があり、保護観察処分を受けていた32歳の男を、誘拐と暴行殺人容疑で逮捕した。

取り調べの結果、この男はかっこいい少年の写真を使ってフェイスブックに偽アカウントを作り年齢も16歳と詐称し、アシュリーさんと「友達」になっていたことがわかった。「お父さんが迎えに行くから」という「少年」のメッセージを信じたアシュリーさんは、何の疑問も抱かず、男の運転する車に乗ってしまったという。
このような偽アカウントによる事件は他にも発生しており、Facebookは対応を余儀なくされています。「けっきょく実名制なんて幻想なのだ」ということも言えると思いますが、だからと言って運営自らが「じゃあ実名制捨てます」とは言えないでしょう。そんなことをしたら、今度は取り締まりの強化を求める側からの集中砲火を浴びることとなります。

一方、実名制を採用するプラス面は何か?これはもう、盛んに指摘されていることですが「企業側に都合が良い」という点です。実名のユーザーが溢れていて、デモグラフィックな属性まで確認した上で彼らとコミュニケーションが行えるプラットフォーム。これも「どこまでそんな状態が実現できるの?」という問題はあるものの、実名制という看板を外してしまったら、たちまち価値が半減してしまう要素です。

従ってFacebookは、実名制を維持するため、実名を登録していないと思われるユーザーを取り締まる必要があります。しかしそれにはある程度人力に頼らざるを得ず、とても全てのユーザーをチェックすることはできない――であればちまちまと1人1人取り締まるのではなく、警察の「一斉検挙」のようなやり方で目立つように行動すれば、アナウンス効果で「匿名で登録してるとこうなりますよ」というメッセージをユーザー達に送ることができます。そして企業や市民団体に対しては、「私たちは本気で実名制を維持しようと思っていますよ」というメッセージを送ることになるでしょう。それは長期的に見れば、短期的なユーザー減少より確実にプラスになるはずです。

繰り返しになりますが、だから今回の「垢BAN祭り」は大歓迎だ!と言っているわけではありません。そのような価値判断を抜きにして、Facebookにとって極めて合理的な行為だったのではないか、という意見です。そしてこの一件によって、Facebookは日本でも実名制を本気で貫こうとしているのが明確になったわけですから、Mixiなど他の国内SNSにとっては分かりやすい対立軸ができたと言えるかもしれません。ただし匿名を許可すれば上記とは裏返しの問題が起きるわけで、簡単に飛びつける要素ではない――とすれば、国内SNSの運営者にとってはコメントするのが難しい事態をFacebookは引き起こしたのかも?

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  6. 6

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。