記事

ニッチな穴を狙え! ジャーナリスト、ネットニュース編集者らが語った「新しいネットメディアの可能性」

1/3

画像を見る

11月25日(月)に行われたネットメディア関連のセミナーに参加してきました。ウェブ編集者として参考になる部分が多かったので、そのメモを残しておきたいと思います。

【登壇者】

奥村倫弘氏 ワードリーフ株式会社代表取締役社長 (元ヤフー株式会社・メディア編集本部長)

亀松太郎氏 弁護士ドットコムトピックス編集長 (元ニコニコニュース編集長)

藤代裕之氏 法政大学社会学部准教授 関西大学総合情報学部特任教授 日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)代表運営委員

伝統メディア出身の3人がこれからのネットメディアの可能性について語るというこのイベント。藤代さんがモデレーターを務め、セミナーがスタートしました。

画像を見る

ヤフーニュースから解説メディア立ち上げへ

藤代:まずは奥村さんの自己紹介を含め、「THE PAGE(ザ・ページ)」のお話などしていただけたらと思います。

奥村:まずセミナー名ですが、"ヤフーニュースらザ・ページへ"というのは、私の個人的な異動ということですね。自己紹介ですが、1992年読売新聞入社、その後7年いましたが、1998年10月にヤフーに転職しました。

ヤフーでは、ヤフーニュースのトピックスにたずさわり、その後、2013年3月にヤフー子会社の株式会社ワードリーフを設立し、4月に動き出し、5月に「ザ・ページ」のサイトをオープンしました。

既存のニュースサイトにないものをつくっていくことが目的で、"気になるニュースを分かりやすく"をスローガンに掲げています。問題意識は、新聞やテレビのニュースが難しすぎるということ。速報中心になっていて、日々の出来事は伝えられるけれど、連続性が説明されていません。

元々いたヤフーニュースにも解説ものを扱ったニュースがなかったです。ヤフーニュースはアグリゲーションでやっていますが、理想のものがなかったので、ザ・ページをつくりました。 

ネットメディアは「流通」に重きを置いている

藤代:ありがとうございます。伝統メディアとネットメディアの違いやそれぞれの特徴はなんでしょうか?

奥村:いまあるネットニュースは「生産」することは強調されていません。どちらかと言うと「流通」に重きを置いているように感じます。ヤフーニュースでやっていることは、世の中のニュースを集めてきて、どう見せるかということです。ニュースの流通の場。書くのではなく、編成する、というところが一つの違いだと思います。

画像を見る

新聞で落ちこぼれでも、ネットではそうでもない?

藤代:次に亀松さん、お願いします。

亀松:最初は朝日新聞に入ったのですが、3年で逃げ出しました。新聞記者としては落ちこぼれでしたし、特ダネも書いていません。その後会社を辞めて1年間は無職で過ごしていたんですが、ネットと出会って変わりました。

そんなこんなで、去年まではニコニコニュースの編集長、現在は「弁護士ドットコム トピックス」の編集長を務めています。新聞で落ちこぼれでも、ネットではそうでもないということですね(笑)。

ネットと伝統メディアの違いですが、ネットは双方向を意識していますよね。ユーザーとのコミュニケーションができることが一つの違いです。

ネットの魅力の一つは「小よく大を制す」

藤代:奥村さんは、なんで転身したんですか?良かったところなどを教えてください。

奥村:新聞社時代に福井の県政まわりを担当していたときに、ネットカフェができたんです。そこでアメリカの原発などに関する状況が見れたのが、きっかけでした。つまり、これまで足をかせいで取っていた情報が、取材しなくても情報にアクセスできるようになったことに衝撃を受けました。

亀松:あと、ネットの魅力の話ですが「小よく大を制す」というのがありますね。小さいチームで大きいところと競争できること、これがやっぱりネットの魅力です。1999年の春にネットに出会ったんですが、とある人に出会ってホームページの作り方を見せてもらったことで変わりましたね。その時、ネットだったら全世界に発信できるということを実感したんです。

藤代:ぼくの場合は、徳島新聞に10年いたんですが、ネットが出てきてブログがおもしろいと思いました。徳島新聞は世帯普及率80%を占めているんですが、若者向けの記事を担当した時に、若者は新聞を読んでないという事実にぶち当たりました。自分がつくっているものが、読まれていなかったことがとてもショックだったんです。

こういうネットメディアのイベントとなると、「新聞は終わった」とか言いがちですが、お二人は新聞についてはどう思っていますか?

新聞社の取材力やノウハウはネットにはない

奥村:新聞は終わっているとは思っていません。新聞は取材力があり、良くも悪くもコストをいとわないし、体力が強いです。新聞は3行くらいのファクトを取ってくるのに3日くらいも取材するなんてこともザラにあります。

一方、ネットは1人でできるのがよいけれど、やっぱり新聞社は組織取材力がすごいです。全国47都道府県にもいて、通信部もいて、全国で一斉に取材をすることができますから。あとは、新聞は締切があるので、無理矢理まとめなければいけないときもあるので、鍛錬されましたね。

亀松:やっぱり、新聞社の伝統組織がもっているノウハウや人脈、そして余裕がありますよね。ネットにはそこがないと思います。新聞社は人を育ててくれるところもあるのが強みだと思います。

「より使われる記事」を提供するようになってきている

藤代:話が変わりますが、ヤフーニュースにおける既存メディアの割合はどれくらいですか?

奥村:ヤフーニュースは、すべて記事配信を受けていますが、既存メディアが大半ですね。雑誌社や新聞社がなければヤフーニュースはないといっても過言ではありません。

藤代:時代を経て何か変化はありましたか?

奥村:たとえば、野球の勝ち負けの記事がなくなったということが挙げられます。なんでかというと、ネットが出てきた今、わざわざ速報を記事にする必要がなくなってきたんですよね。

藤代:配信を使う側からすると、速報でなくて記事になってきた、と。

奥村:朝刊や夕刊にあわせて、(速報)記事がくることが多かったんですが、「より使われる記事」を提供するようになってきていることが近年の変化ですね。

あわせて読みたい

「ニュースサイト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    お笑い芸人がNHK辞めYouTuberに

    たかまつなな

  5. 5

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  7. 7

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  8. 8

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  9. 9

    GoToでは救えない宿泊業界の淘汰

    文春オンライン

  10. 10

    サムスン依存する韓国の不安定さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。