記事

インドで国民ID制度を推進する人物

NY Timesの記事で、インドが本格的に国民ID制度の導入を進めていることを初めて知った。

アメリカでは、Social Security Number が納税や年金支給だけでなく、クレジットカード発行など様々な場面でID番号として使われている。なので、日本で国民背番号制の是非が議論されて、プライバシーが侵害されるとかの反対意見があることを新聞記事で読んだりしても、「本当かな?あると便利なのに」くらいは思っていた。

他方インドでは、便利さに加え、貧富の差をなくすための一大有効手段として、国民ID制度に大きな期待が寄せられているらしい。

特に地方の村などでは、煩雑なお役所の証明書確認作業の効率が悪く、出生証明や免許証の発行もかなり日数がかかるだけでなく、そのプロセスで贈収賄の起こる余地が多々ある。国民一人一人の氏名、生年月日、性別、指紋や目の虹彩のデータベースを構築して国内どこででも本人確認ができれば、たとえ田舎から都市へ出て行っても、すばやく銀行口座や携帯電話の開設が可能になる。カーストとか出身地に縛られることもなくなる。

自分の職を投げ打ってまで、この国民ID制度確立のために尽力している人のことも、この記事で初めて知った。Infosysの創立者の一人で、2002年から2007年までCEOを務めた、Nandan Nilekani氏だ。

まだまだ規制の多かった1981年にインドでInfosysを立ち上げたNilekani氏は、アメリカンならぬインディアンドリームをまさに体現した人。国民ID制度に対する期待も、人一倍大きいのだろう。その熱意に脱帽、です。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    冤罪で21年間を獄中で過ごした青木惠子さん 「娘殺し」の汚名が晴れても国を訴える理由は

    小林ゆうこ

    10月15日 14:36

  3. 3

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  4. 4

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

  5. 5

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  6. 6

    モデルナワクチンの若年男性への原則投与中止勧告 日本が有事から平時に移行した証

    中村ゆきつぐ

    10月15日 09:20

  7. 7

    「ほとんどが“◯×△”。あれはどうなんだ」古舘伊知郎氏、自民党総裁選の候補者を招いた報道番組に苦言

    ABEMA TIMES

    10月15日 15:30

  8. 8

    「俳優・香川照之の起用は大正解」朝の情報番組でジャニーズを見たくない人はTBSの新番組がいい

    PRESIDENT Online

    10月15日 12:53

  9. 9

    「キレるおっさん」に自分もなっているのではないかという恐怖

    内藤忍

    10月15日 09:35

  10. 10

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。