記事

国際DV対策デーは11月25日

国連が定めた国際DV対策デーは、11月25日とされている。

日本では、この日までの数週間を「女性に対する暴力をなくす運動」としてキャンペーンをしている。

ところが、そんな最中に不都合なニュースが・・・。

>

DVで離婚の女性現住所、誤って元夫に通知

市によると、女性は7月末、子供が入院するため市児童育成課に医療費助成の受給券の発行を申請。その際、送付先の現住所を伝えたが、応対した職員は誤って、過去の送付記録を基に元夫宅に発送した。受給券には女性の現住所が書かれていた。

これは柏市の出来事である。
女性は住民基本台帳の閲覧制限を依頼していたが、上記の担当者は把握していなかったという。
もっとも、今回のケースは住民票を交付したり閲覧したりという話ではないので、直接には関係のない話だ。無論閲覧制限が出ているのを把握していればより注意をしただろうということは言えるが、直接関係するものではない。
要するに、DV被害者に配慮すべきは、住民登録の担当部署には限らないということである。

なお、国際DV対策デーに関連するイベントがパリ弁護士会で行われる。
11月21日9時から18時まで、パリ弁護士会館にて、女性に対する暴力、子どもへの影響と題するシンポジウムである。

ポスターpdf
Dalloz Forum Famille

あわせて読みたい

「DV」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。