記事

2013.11.18

■11月某日 熱中症になりかねない猛暑の日々が続いた沖縄だが、最近は夜になると幾分か肌寒くなってきた。11月中旬ともなれば東京をはじめとして全国的にかなり冷え込む季節だが、沖縄でも4,5日前から半袖ではなく長袖を着るようになった。それまで半袖で過ごしてきたため、沖縄の人達から逆に「寒くないのか」と聞かれるほどだった。筆者は基本的に暑がりで、今でも日中は時たまクーラーをつけるほどだ。沖縄にいる間は年間を通して半袖で過ごしたい気分満々だが、やはり、1月、2月の寒い日は亜熱帯の島といえども寒さを感じざるを得ない。年末・年始は毎年のように、常夏の国・フィリピンに脱出するくらいだから、もともと寒さよりも暑さに強い体質なのかもしれない。しかし、最大風速90キロを越える台風30号に直撃されたフィリピン中部・レイテ島では行方不明者も含めて5000人近い犠牲者が出た模様だ。テレビで台風によるレイテ島の惨劇を見ていると、恒例のマニラ行きを躊躇する気分になる。

 国会では、日本版NSC設置法(国家安全保障会議)の衆議院本会議採決に次いで、「特定秘密保護法」が今週中にも強行採決される可能性が高い。安倍内閣としては、日本版NSCとセットでの法案通過を狙っているのは明白だ。しかし、衆議院国家安全保障特別委員会の論議を見ていても、法案担当の森雅子大臣(少子化担当)の答弁にしても発言がブレたりして、政権与党内でもこの法案の趣旨や解釈が統一されているとは思えない。米国の強い意向を受けて、安倍政権としては何が何でも今臨時国会会期中に法案通過させる方針のようだ。何が特定秘密なのか、第三者機関の設置はどうするのか、30年間が経過したら特定秘密の内容を公開するのか否かも、不明。つべこべ言わずに政府と行政に任せろと言わんばかりの安倍政権の傲慢さには驚かされる。それも、衆参両議院で過半数を占める数の力が背景にはあるのだろうが、この重要法案の審議中にあろうことか安倍総理はカンボジア、ラオス訪問に出発した。

政権与党としては、野党とも修正協議に応じる姿勢を一応打ち出している。日本維新の会、みんなの党、民主党も協議に応じる構えだが、今週末の採決を前に修正案が決まる保証はない。結局、時間切れで強行採決という流れになる公算が強い。まさに拙速すぎる安倍政権のヤリクチは危険すぎる。この法案の危険性については、最近になってマスメディアも積極的に取り上げてはいるものの、国民の知る権利や報道・取材の自由を奪う可能性についての言及が弱い。何よりも特定秘密を漏えいした国家公務員は懲役10年の厳罰に処される。世の流れである情報公開や内部告発の保護とは明らかに逆行する言論統制の効果を生むことは明らかだが、その危険性が国民に十分理解されているとは言い難い。

特に、米軍基地や自衛隊の露骨な配備強化が進む沖縄においては防衛や外交機密が集中している。特定秘密の指定を政府や行政に丸投げする法案が通れば、メディアや市民運動は日常的にチェックされ、国民の知る権利も民主主義も確実に形骸化する。安倍政権の狙いはそこにこそあるのだろうが、日米安保で歴史的に多大な犠牲を強いられてきた沖縄には息苦しさや閉塞感が蔓延することは確実である。警察や検察権力がメディアや市民運動を監視する警察国家の到来はNO!である。それが、日本の将来に大きな悔恨を残すことになることも確実だと断言しておきたい。

あわせて読みたい

「特定秘密保護法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。