記事

国民は軽自動車増税論議に怒れ

 軽自動車への課税強化が議論を呼んでいる。

 しかしその議論の中で決して語られない事がある。

 それはそもそも軽自動車の課税強化のきっかけは、TPP交渉の過程で、米国車の日本での売上不振を、売れすぎている軽自動車のせいにして課税強化をしろと圧力をかけてきたからだ。

 そんないかがわしい経緯をメディアは一言も言及せずにもっぱら消費税増税との関係で論じている。

 とんでもないごまかしだ。

 もうひとつはこの税制改革が省庁官の権限争いのためにもてあそばれていることだ。

 消費税増税の反発をかわすために自動車取得税を廃止するという。それなら消費税を上げるなということだ。

 取り上げる一方でばら撒く。

 この無駄な税金の使い方は官僚の権限を保持するためである。

 おまけに財源争いだ。

 総務省(旧自治省)が地方税の減額に反対して自動車税制の見直しを複雑にしている。

 そもそも自動車への課税はすでにじゅうぶん取りすぎだ。

 燃料課税からはじまって取得、保有、走行などあらゆる段階で9種類、7・7兆円の年間課税が課せられているという(11月18日日経社説)。

 それらを簡素化し、減税することこそ急務ではないのか。

 国民は、いまこそ反国民的な自動車税制論議と、それを無批判に垂れ流すメディアに怒らなくてはいけないのである(了)

あわせて読みたい

「軽自動車税」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。