記事

特定秘密保護法案の修正を迫る野党は法案成立の加担者である

 ここに来て、民主党やみんなの党が特定秘密保護法案の修正を安倍自民党に迫って存在感を見せようとしている。

 しかしこれほど馬鹿げた動きはない。

 なぜか。

 それはこの法案が修正の余地のない欠陥法であるからだ。

 たとえどの様に修正しようとも、その解釈や運用は最後は官僚任せになる事は防げないからだ。

 そしてこの法案が野党の修正の下に成立すれば、その責任は野党も負わされることになる。

 要するに特定秘密保護法案の修正を求めるということは、その法案成立に加担するということだ。

 この法案は安倍自民党政権とそれに加担する公明党による強行成立か廃案しかない。

 そしてたとえ安倍自民党政権や公明党が成立を強行しても、この法案の間違いは、法案が発効し、適用される時点であらためて明らかにされることになる。

 あらゆる問題が噴出して機能しなくなる。

 それほど法案の体をなしていない欠陥法案であるのだ。

 愚かな安倍自民党政権とそれに追従する公明党に強行させればいいのだ。

 修正を求めて法案成立に加担することほど愚かな事はない。

 もっとも民主党やみんなの党は、この法案の趣旨に賛同し、情報規制を強化するなんらかの法案は必要だなどと言っている隠れ賛成論者であるから、何をかいわんやである(了)

あわせて読みたい

「特定秘密保護法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。