記事

スマイルアゲイン

先週スタートした佐賀県の「障害者月間2013」。そのオープニングのイベントで挨拶するために資料を読み込んでいたら、ある作文に目がとまった。
障碍者に対する理解促進のための作文コンテストの小学生部門で佐賀県1位となったものだ。
その小学6年生の男子生徒の作文には、車椅子生活者だったおばさんの話が書いてあった。
以下はその作文に書いてある内容だ。本当なら伝聞として書くべきだが、そういう前提でお読みいただきたい。


おばさんはもともとは元気だったのが28歳のとき脳内出血で車椅子生活者になったという方だった。いつも笑顔でやさしい人だった。いままで自分はおばさんがおこったり泣いたりしているところを見たことがない。
おばさんと一緒に車椅子で外に出るのは大変だった。
行きたいところがあってもそこに障害者用のトイレがあるか、車椅子でそこにたどり着けるのか、出かける前に必ず調べていた。行けないとわかるとおばさんは「仕方ないですね」と笑顔で明るく言っていた。「あきらめも大事。したいことはいっぱいあるけど、まだまだ障害者にはやさしくない社会。だからできる事があったらラッキーと思って楽しむ。」
と言っていた。

街に出たら出たで、歩道を歩いていても「あー邪魔か」とか「他の所ば通ればよかとに」などと言われることもあり、そのたびにおばさんは「ごめんなさい」と言っていた。自分は「おばさんが謝ることじゃないのに」と思っていたが、おばさんは絶対におこらなかった。

そのおばさんが昨年、ガンで亡くなった。その遺品の中におばさんが誰にも言えない気持ちを詩にしていたノートが見つかった。
障害者として生きることが辛いこと、世の中の人の目が冷たすぎること、あきらめることがつらいこと、障害者であっても人の役に立ちたいこと、それでも生きて笑顔で暮らしていこうと思っていること、弱音を言いたくても家族のことを思って泣けなかったこと。いろいろな気持ちが書いてあった。

その詩のタイトルが「スマイルアゲイン」だった。
どんなに苦しくても辛くても泣きたくても、何度でも笑顔に戻れるようにがんばろう、という意味だ。
自分もおばさんのようにがんばって生きて行きたい。


こういう内容だった。
僕が知事に就任して11年目。自分なりに障碍者の理解促進に向けていろんな取り組みをしてきたつもりだったが、こういう気持ちで暮らしておられた方がいらっしゃったということは、まだまだそれが十分にできていないことを反省しなければならない。これまで以上にしっかりと進めていきたい。

この作文は、佐賀県で1位になった後、全国大会に出品されている。
全国の方々にも読んでほしいと思う。

あわせて読みたい

「障害・難病問題」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  6. 6

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  8. 8

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  9. 9

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  10. 10

    ひきこもりは幸せなら問題ない?

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。