記事
  • Arisan

『ブダペストの世紀末』

1/2
リンク先を見る

ブダペストの世紀末 都市と文化の歴史的肖像(新装版)


ドイツ在住で、ハンガリーに取材に行ったりしている友人がおり、ヨーロッパの中でもとびぬけて酷いというハンガリーの政治と社会の極右化の現状について聞くことがあった。

メディア検閲制度や、排外主義の台頭とマイノリティへの差別激化(武装した排外主義集団が、ロマの居住地の周りをうろついているという)、憲法改正と国民主権の制限、そして政権の中央銀行への介入など、ナチス時代さえ想起させるような政策と社会状況が現われており、他のEU諸国はしばしば警告を発してきたそうだ。

政権自体が極右的であり、周囲の国々や同盟国からも警戒感を持たれているという意味で、いまや日本とハンガリーは、(国の規模は大きく異なるが)現代の極右化のトップランナーと言ってもよさそうだ。

そんなこともあってハンガリーの歴史に興味を持ち、この本を読んでみた。

(以下、引用のページ付けは、1991年出版の初版本から)

著者のジョン・ルカーチだが、マルクス主義思想家のゲオルグ・ルカーチとはまったくの別人。もちろんハンガリー(ブダペスト)出身であり、アメリカ在住の有名な歴史家らしい。

この本は、著者が生まれる以前の1900年頃のブダペストとハンガリーの様子を、豊富な資料をもとに描きあげ、分析した作品で、史書としても、回顧的な読み物としても、第一級のものであろう。これだけの内容を、これほど魅惑的な筆致で語れる能力の高さに、まずは感嘆した。

読んでいて、驚きとともに教えられることが多かった。

本の主題になっている1900年頃のブダペストだが、当時はヨーロッパ有数(人口では六番目)の大都市であり、またヨーロッパでも最も急速に拡大・発展している都市といわれていたそうだ。世紀末の25年間で、その人口は三倍に膨らんだとのこと。

象徴的なのは、鉄道網の充実ぶりで、当時ハンガリーの鉄道密度(10万人あたりの線路の長さ)はフランスに次ぐものであり、オリエント急行などの国際列車や郊外を走る通勤電車が集まる主要な二つの駅は、ヨーロッパで最も大きくモダンな駅に数えられたという。地下鉄がヨーロッパで最初に走ったのも、このブダペストだった。

また、この時期にはモダンな建物も急速にその数を増し、高層建築こそなかったものの、その繁栄はニューヨークなどアメリカの大都市に、しばしばなぞらえられたという。80年代にヒットした映画『ストレンジャー・ザン・パラダイス』に、冷戦期のハンガリーからアメリカに住む親戚を頼ってやってくる娘が出てきたが、この時代からブダペストの人たちにとって、アメリカはどこか身近に感じられる国だったようだ。

新旧の文化が混然と溶け合った街の雰囲気は、モダンでコスモポリタン的な独特の社会と文化を育んだが、その一方で急速な人口の増大・過密化(農村部から人々が大量に移住してきた)により、住環境の劣悪化など、さまざまな問題も発生していた。

古くからヨーロッパのなかのアジア、西と東の境目のように言われ、文明の発展の外にある感のあった大部分の国土と、急激にモダン化・大都市化していくブダペストの間で、大きなギャップが生じていたとのことである。

そこから生じる問題のなかに、たとえば「ジェントリ」と呼ばれた農村部の小地主階層の人々が、都市化のなかでブダペストに移住してきて、彼らの多くは(経済的に豊かではない)役人になるのだが、ナショナリズム(民族主義)的な傾向が強く、都市の比較的裕福な階層を占めることの多かったユダヤ人に対する反感が、その人々のなかに生まれていった、というようなこともあったらしい。

だが、1900年頃には、そうしたことは、まだ深刻な対立や亀裂にはいたっていなかったということに、著者の主張の力点がある。

都市派と人民派、商業派と農業派、国際派と民族派、ユダヤ系ハンガリー人と非ユダヤ系ハンガリー人、こうした二つの文化と文明を分けるもの、その間に致命的な不和を引き起こす要因となるものは、一九〇〇年のブダペストにすでに存在していた。しかし、亀裂はまだ入っていなかった。これらの要素の共存は、依然として、よい結果を生んでいた。差異や嫉妬はあったが、誤解や敵意はほとんど表面化していなかった。このような状況が、一九〇〇年のブダペストに繁栄をもたらしていたのである。(p121)

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  5. 5

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  6. 6

    ニトリが島忠にTOB 家具業界の変

    ヒロ

  7. 7

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  8. 8

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  10. 10

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。