記事

京大カンニング事件

TLが、「京大カンニング事件」で騒がしくなった。3000人もフォローしていると、私をフォローした人がいま、なにに興味をもっているのか、なんとなくわかってくるものだ。だから、TLをたまに眺めてみるのは実におもしろい。

今回の京大カンニング事件に関していろんな人々によって語り尽くされた感があるので詳細は置いておくとして、私がこの事件で確認し、教訓になったことを2点述べたい。1つ目は、変化の波についていけない人々の「恐怖と嫉妬」の感情の凄まじさである。2つ目は、今、ホットな言論公共圏はどこにあるのか?ということへの再認識である。

インターネットを使って、英語の解答を求めた青年への新聞、TVジャーナリズムの糾弾は、まるで、炎上を演出する2ちゃんねらーのようであった。もうすでにそんなものはないと私は以前指摘したが、建前であろうとも、国民ジャーナリズムを代表するメディアが、「炎上」を演出してしまう事態は、正直笑えるものではなかった。

「どこかで体験したことがある。これは、2ちゃんねるだ!」

そう、私に語った友人の、本音は、実に、的を得ていると言えるのではないだろうか。

ただ、公共圏を生み出すはずの国民ジャーナリズムが、「炎上」せざるをえなかった事情にもっと私たちは、耳を澄ます必要性があるだろう。というのも、このような「炎上」は今後もきっと起こるに違いないからだ、つまり、この「事件」は、「事件」そのものに大きな意味があるというよりも、その背後にあった、ある事情にこそ、目を向けられ、議論されなければならない、ことがあるのではないか、私はそう思うのだ。

青年は、「英語」のテストで「インターネット」を使ってカンニングを行った。

私は、このカンニングが英語の試験で起きたということもまた偶然であるとはいえ、偶然とはいえない意味を感じてしまう。

TVや新聞、そしてその価値を信じる多くの人々が、「インターネット」や「グローバリゼーション」をなにか得体の知れないものと恐怖し、それらを使いこなしてグローバリゼーションに対応している組織や人々に嫉妬してはいないだろうか?

歴史上ある一時期において成立した「団塊の世代」の成功パターンが、もうすでに通用しないということを直視し、新たな道を開拓して行くことから、逃げている人々を、あの青年は、結果的に、刺激する、存在になっていまったのではないだろうか?

本当は、「炎上」を演出しただれも、あの青年が本気で犯罪者になって社会的に一生やり直しがきかないようにしてやりたい、家族も地獄に落としてやりたいなんて思っているわけではないのだけど、自分たちの勝ちパターンを尊敬するどころかバカにする人々への恐怖と、嫉妬が、一気にあの青年に集中してしまったのではないか、そう捉えることも可能ではないだろうか。

インターネットやグローバリゼーションにすでに対応している人々、また対応しようとすでに動き出した人々からは、青年への同情の声が多く聞こえてきた。とくに、twitterやfacebookにおいて、多くの人々が「青年」を批判したが、「大学」も悪かった、「試験制度」自体にも問題があったなど、建設的な未来の大学、試験への展望についての議論が行われていた。まさに、言論公共圏が生まれていた。それとは対照的な「炎上」

私は、ここでお決まりの「マスメディア」VS「ネット」のような議論をしたいわけではない。もうすでにそんなものはないのだ。そうではなく、「インターネット」「グローバリゼーション」が、人々にとって、大変脅威に感じられるものなのだ、ということを今回の事件は教えてくれるのではないかという示唆である。

今後も事件の内容は変化してもこのような集団ヒステリーは起こるに違いない。そのようなヒステリーが暴動やテロなどに至らないように、 twitterやfacebookに登場した言論公共圏は、「新聞」「TV」はもうダメだ!グロバーリゼーション、インターネットに対応しないやつはバカ!などと、煽るのではなく、せめてそのような話題を「語らない」、あるいは、グローバリゼーションやインターネットが脅威どころか、チャンスにもなるんだというポジティブな未来像を語って、脅威を感じている人々をも巻き込んでいくぐらいの、心意気をみせていく段階に来ている気がしている。

みなさんはどう感じましたか?

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  9. 9

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  10. 10

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。