記事

感光材で放射線を可視化。「痕 – 写真感光材による放射能汚染の記録」が面白い

放射線の恐怖の一端は、見えないということから来るのであろうと思うのですが、そういう見えない放射線を可視化する方法は、測定したデータという「数字」による方法が一般的かと思います。

でもこんなアプローチもあるんですね。福島出身の写真家、武田慎平さんは銀塩感光材が可視光線だけでなく放射線でも感光する特徴を生かして、土壌に含まれた放射線物質を可視化する試みを行っています。2011年からすでにこの活動をしてらっしゃったのですね、不勉強でつい最近知りました。

放射性物質を含む土壌とフィルムを暗箱の中に一緒に一定期間放置すると、放射線の影響でフィルムが感光し、フィルムに光の粒が記録されます。

以下の公式サイトでサンプルの写真を見ることができます。
SHIMPEI TAKEDA – 痕 – 写真感光材による放射能汚染の記録 / 武田慎平

映像や写真は見えないものを映し出すことは不可能な媒体なので、放射性物質に関するものを扱うとどうしても防護服とか、廃墟になった町とかそういうセンセーショナルなものを映しがちなんですが、こういう形で可視化するというアイデアがあったんですね。

出来上がった写真は、宇宙に浮かぶ星のようで、不謹慎と思われてしまうかもしれませんが、美しいですね、これは。
汚染濃度が高ければ高いほど、光が多くなり、明るくなるというのは何だか皮肉めいていて写真一枚で強い批評性をもっていますね。電気をつくり人口の明かりを作る源だった原発の事故によって土壌がこのように暗闇のフィルムに光を放っている。

見えないものをいたずらに恐怖を煽るのではなく、深く静かに考えさせられました。
数字による理詰めの議論よりもこういうイメージの方が効くって人も中にはいるのかもしれない。


公式サイトでは写真の販売も行ってますね。
Shimpei Takeda | SHIKA Inc.


リンク先を見る写真記録「日本」―東北(福島・宮城・山形・岩手・秋田・青森)posted with amazlet at 13.11.06日本ブックエース
売り上げランキング: 533,747
Amazon.co.jpで詳細を見る

あわせて読みたい

「放射線」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  3. 3

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。