記事

山本太郎騒ぎのバカバカしさ

 読者のなかから何故山本太郎の事を書かないのかという声が寄せられる。

 理由は簡単だ。

私は彼との個人的かかわりを通じて彼の不誠実さを知った。

 そんな私が今回の彼の行動とその後の対応について書けば批判しかない。

 それはフェアではないと思うから書かないだけの話だ。

 しかしきょう11月6日の産経新聞が次のような山本太郎の記者会見の言葉を引用して書いていた。

 それがすべてを物語っているから一度だけ書いてみる。

 すなわち山本太郎は手紙を渡した動機を次のように語ったという。

 「国会議員になって3ヶ月。(原発問題で)なかなか変化をもたらせない、その歯がゆさ、焦りが自分を動かした」と。

 これがすべてだ。

 そしてウソをつくところまですべてが山本らしい。

 原発問題だけならまだいい。

 しかし彼はTPPや秘密保護法などあらゆる政治問題を聞きかじって反対の受け売りを繰り返してきた。

 彼が成果があげられないのは原発問題だけではない。

 およそ政治家としてやるべき事ができないのだ。

 その歯がゆさと焦りでわずか3ヶ月で行き詰まったのだ。

 もう十分だ。

 議員辞職など迫る必要はない。

 参院議員は6年間身分保障されている。

 だから山本太郎には6年間議員をやってもらえばいいのだ。

 しかしみずから認めてるように何も出来ないまま、歳費や議員特権をただ取りすることになる。

 そうすれば国民はおのずときづくだろう。

 この国の国会議員なんて要らないのではないか、税金泥棒ではないか、と。

 それを分からせてくれるだけでも国会議員山本太郎の存在価値はある。

 山本太郎を応援する者も、山本太郎を批判する者も、これ以上馬鹿騒ぎするのはやめたほうがいい。

 メディアはこれ以上山本太郎騒動を取り上げないほうがいい。

 今の日本はもっと重要な事が山ほどある(了)

あわせて読みたい

「山本太郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。