記事

過渡期の小学校英語【後編】 教科化への流れ

前回に引き続き、小学校英語のこれからについて、上智大学の吉田研作先生に伺います。

教科化は東京オリンピックのころ?

小学校の「外国語活動」から、中学校の「教科としての英語」への連携が課題であることは、前回ご説明したとおりです。その改善策にもなりうるのが、小学校での外国語活動の「教科化」です。現在、政府の教育再生実行会議などで、議論や検討が行われています。

細かいところはまだまだこれからですが、私が提案するとすれば外国語活動を始めるのが3年生からになり、4年生までを必修とする。そして5、6年生を教科とするという案がよいのではと思っています。3、4年生は、外国語の4技能(聞く・話す・書く・読む)のうち、聞く・話すを中心に、英語を楽しく体験する期間。5、6年生になると、初歩的な書く・読むにも取り組み、中学校英語につながる「基礎」を養います。「教科になる」ということは、全国の小学校が検定教科書を使い、学習指導要領にのっとって授業計画をつくり、数字による評定を実施することになります。こういった目に見える指標があれば、中学校側も各生徒の英語の力を把握することができ、接続はよりスムーズになることが期待されます。

気になるのは、いつ「教科化」されるのか、です。学習指導要領が、だいたい10年に一度のペースで改訂・施行されることを考えると、東京オリンピックのころ(2020<平成32>年)が一つの目安です。ただし、施行される数年前に新しい学習指導要領の内容が告示され、学校によってはそれを取り入れるようになります。そう考えると、数年先には公立小学校の5、6年生で、英語の読み・書きを学ぶ生徒が増えていても不思議ではありません。もしかしたら、東京オリンピックの通訳や案内のボランティアに、小学生の姿があるかもしれませんね。

中学受験に影響が

教科書はどうするのか、教員の育成は間に合うのかなど、外国語活動の教科化には問題が山積しています。また、身近な問題としては、教科化によって私立中学校が、英語を受験科目にすることが挙げられます。どのように試験をするかにもよるかもしれませんが、そうなると、中学受験を考えているお子さんは、どうしても受験対策としての英語を、塾などで学ぶことになります。これでは、「コミュニケーションを重視した外国語教育」の手段のための外国語という尊い理念はどこかへ行ってしまい、矛盾が生じます。

いろいろな問題や矛盾をはらみつつも、グローバルな人材を育成することは、この国の命題です。外国語活動の低学年化・教科化の流れは止まらないでしょう。

保護者も共に学ぶ姿勢が大切

必修化から教科化へと、英語教育は今、過渡期にあります。となると、保護者は「早くから始めないと、後れをとってしまう」と焦りがちです。入園・入学前から、英会話スクールに行かせているかたがけっこういらっしゃるのも、そういった理由からでしょう。
しかし、ちょっと待ってください。もしかして、「自分のように、我が子を英語で苦労させたくない!」という気持ちが強くありませんか? これでは、お子さんが「親は英語が苦手なのに、どうして自分には『勉強しろ』と強制するの?」と考えてしまいますので、お子さんと共にお家のかたも学ぶ姿勢が大切です。また、お子さんの年齢が低ければ低いほど、学習は楽しいものであるべきです。お子さんだけでなく、親子で一緒に英語の音楽(CD)を聞いたり、英語の映像などを見たり、洋楽を聴いたりと、お子さんの発達段階に合わせて、お子さんの英語体験を「楽しく」支えることを心がけてほしいと思います。

【関連記事】
過渡期の小学校英語【前編】 必修化から見えること

あわせて読みたい

「英語教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  4. 4

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  7. 7

    政府の五輪感染対策に批判殺到

    女性自身

  8. 8

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  9. 9

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。