記事

アメリカでも「ねじれ議会」

我が国ではしばらくの間、衆議院と参議院の多数勢力が異なり、法律が通らなかったり、予算成立が難航したりする、いわゆる「ねじれ国会」に悩まされた。「決められない政治」の元凶でもあった。

 しかし昨年暮れの衆議院総選挙と今夏の参議院通常選挙を経て、ようやく「ねじれ」が解消し、両院とも自民・公明の連立与党が多数を占めることとなった。「決められる国会」が誕生して、初めての本格的な臨時国会がスタートしたが、アベノミクスをより強くするための成長戦略、いわゆる「三本目の矢」に関わる法案が目白押しだ。短い会期だが、目に見える成果を出さなければならない。

 ところでこの「ねじれ国会」に、今アメリカが悩まされている。オバマ大統領が率いる民主党は、連邦議会上院では多数を占めるが、下院では共和党の方が多い。また下院の共和党若手は、反オバマの社会運動ともなった、保守派「テイパーテイ」の強力な支援を受けている。

 オバマ大統領は念願の医療保険改革法案(オバマケア)を議会に提出しているが、これに反発する共和党は、連邦債務発行限度額引き上げに強硬に反対した。これが議会を通らないと、連邦政府の資金繰りが厳しくなり、政府機関の閉鎖や、債務不履行(デフォルト)にさえ陥りかねない。そうなれば世界経済はリーマンショック以上のダメージを被ることになる。

 こうなれば日本だってアベノミクスどころではなくなる訳で、各国はアメリカ連邦議会に、冷静に事態を収束することを、強く望んだ。タイムリミットと言われる10月17日を目前にして、ようやく上院で妥協案が合意され、下院共和党もそれを容認する動きが出てきた。世界の市場もホッとしたところだ。

 議会が二院制をとっている国は少なくない。常に「ねじれ」の危険性を孕んでいるわけだが、その対応策で妙案と言えるものは見当たらない。一院制にしてしまえば簡単だが、いきなりというわけには行くまい。ここしばらくは日本も含め、二院制の弊害を取り除く努力をしなければならない。

あわせて読みたい

「米国デフォルト」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    オミクロン 高齢者に感染させないことさえできれば

    中村ゆきつぐ

    01月26日 09:23

  2. 2

    何故、立憲民主党より維新の支持率の方が高いのだろうか

    早川忠孝

    01月26日 09:15

  3. 3

    “周囲の乗客は見て見ぬふり”は許される?たばこ注意の高校生が暴行被害で論争勃発

    女性自身

    01月26日 18:36

  4. 4

    「正社員の特権がどんどん消えていく」扶養手当、住宅手当…諸手当が"全廃止"される日

    PRESIDENT Online

    01月26日 14:34

  5. 5

    日本電産のカリスマ経営者、事業継承に苦悩

    ヒロ

    01月26日 12:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。