記事

ロボカップ大会で世界一、阪大・大工大の学生チームを頂点に押し上げた「技術力を超えるチーム力」

1/2
画像を見る

日本代表がサッカーワールドカップで世界の頂点に立つ――。そんな理想が一歩現実に近づきつつある。ただしロボットの世界で。

2013年6月、大阪大学と大阪工業大学のジョイントチーム「JoiTech」が、ロボットの国際競技会「ロボカップ」のヒューマノイド・アダルトサイズ部門で並み居る強豪を押しのけて世界一となった。世界で一番というシンプルな目標に向かって学生が混成チームを組み、わずか数カ月という期間を走り抜けた。その原動力となったチームの作り方とは?

2050年、ワールドカップ優勝チームにロボットチームで勝つ

2013年の第17回ロボカップ世界大会で、大阪大学・大阪工業大学の混成チーム「JoiTech」が頂点に立った。人間型ロボット同士がサッカー競技で点数を争う「ヒューマノイド・アダルトサイズ」部門で世界一という快挙だ。

ロボカップの構想が始まったのは1993年のこと。発起人は大阪大学の浅田稔教授とソニーの北野宏明氏さんを中心とする若手研究者。「ロボットは動いてなんぼ、机上の学問ではつまらない」「世界の若手研究者で、人工知能分野で面白いことをやろう」という思いを形にしたロボカップは、「2050年のワールドカップ優勝チームに、ロボットチームで勝つ」という大きな目標を掲げている。

1997年の第1回ロボカップは31チームが参加した。当時は20チームがシミュレーションリーグだったが、2013年は世界から約400チーム、3000人もの研究者や子ども達(ロボカップジュニア)が参加する1大イベントになっている。その中で、JoiTechは日本発のチームとして優勝を果たした。

世界を獲ったJoiTechチームの成り立ち

画像を見る

日常生活の中でロボットを役立てる――。そんなビジョンをもとに、ロボカップで培った技術の知見を、日本の高齢化や災害復興などにも転用していく

JoiTechは学生13人と研究スタッフ数人が参加する混成チームで、学生は大阪大学と大阪工業大学から参加している。2012年末に初顔合わせがあり、2013年4月から開発に取り組んだ。同年5月の日本大会、6月の世界大会に向けて、わずか3カ月の期間をOne Teamとして走り抜けた。

メンバーのバックグラウンドは多彩だ。ロボカップ2012に参加したリーダーの大嶋悠司さんを筆頭に、別のヒューマノイド部門参加者、先輩の取り組みに触発された学生、ロボカップ日本大会に触発され、高専から編入してきた学生、部活でロボットを扱っていた学生――など。学部生から院生までバラバラの年次の学生がチームを成している。

「みんなの目標は、2013年のロボカップで勝つこと」。大嶋さんは力を込める。「ロボットがサッカーで競い合う単純なゲームですが、ゴールの精度を上げるのが難しい。去年は5回中1回ゴールできたら良い方だったが、2013年は3回ゴールを決めると優勝できると思っていた」。大学を超えたチームが「世界一になる」という1つの目的に向かうことになった。

自分でプログラムを書けるけど、メンバーに任せる

JoiTechチームを引っ張ったのはリーダーの大嶋さんだ。去年の経験から「この時期までにチームで何をすれば勝てるか」が見えていた。プログラムを自分で書けるスキルがありながらも、あえてチームをつなぐ役割に徹した。「2013年のメンバーは全員が優秀で高いレベルの技術を持っていた。それを駆使してロボカップを戦う」と決めていたからだ。

メンバーには「この時期までに、ロボットがこう動くように作って欲しい」といった指示を出す。要求する仕事のレベルは高く、「内心は無茶な仕事を頼んでいる」と分かっていた。それでもあえてメンバーに仕事を任せたのは、チーム全員で考えて前に進みたかったからだ。

画像を見る

ロボカップの創始者の一人である浅田稔教授(左)とJoiTechチーム リーダーの大嶋悠司さん

責任を持ってタスクをやり、できない場合はすぐにチームで共有して、メンバー全員で別のやり方を考える」(大嶋さん)。この姿勢が後に「目的を達成するために、チームにどう貢献するか」という考え方をメンバー全員に浸透させる。

例えばプログラム。過去数年同じプログラムでロボットを動かしており、練習環境ではうまく動作しない箇所もあった。「できるところはほぼすべて作り直した。メンバー全員がコードを読み、修正できるプログラムになった」とメンバーの河野さんは話す。自らが自発的にロボットの精度を高める動きを見せた。

「広瀬さんのプログラムはとてもきれいでレベルが高い、自分のレベルは足りないと認識できたから、プログラムの勉強も自発的にやった」(秦さん)

「役割分担の重要性を感じた。自分がやるのが一番手っ取り早い仕事も抱え込みすぎると良くない。みんなに仕事を振って、チームでビジョンに向かっていくことが大切だと思った」(広瀬さん)

あわせて読みたい

「テクノロジー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMフリースマホ技適通過

    S-MAX

  2. 2

    災害で学ばぬ自治体の自衛隊任せ

    清谷信一

  3. 3

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  4. 4

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  5. 5

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  6. 6

    一般人と対話拒否 前大臣の暴挙

    PRESIDENT Online

  7. 7

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

  8. 8

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  9. 9

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  10. 10

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。