記事

政務調査費でボクシング観戦

会派の視察は、政務調査費を使って実施する。この記事にある事例は、会派の視察なのかどうかは書かれていないが、その可能性はある。

視察とは異なるが、わたしが議員になったとき、議員控え室にテレビがあるので、だれが買ったのか、ベテラン議員に聞いたところ、会派の政務調査費で購入したという。絶句した。年度末の3月27日から28日までの日程で宮崎・鹿児島視察を実施した会派もあった。

松阪市議会の政務調査費は、年間ひとり30万円。年度末に残額があると返納する。返納より、使い切りをという発想を持つ人がいてもおかしくはない。テレビも、年度末ギリギリの視察も、その類か?すべて、昔の議員の話・・・・です。

2010年8月24日(火) 読売新聞
政調費ボクシング観戦「戦い見て戒めに」と釈明

長崎県議会の複数の議員が、2009年度の政務調査費でボクシングの試合の入場券や旅行かばん、自分が使っているiPhone(アイフォーン)の関連雑誌などを購入していたことが読売新聞の調べでわかった。

議員らは「適正な支出」と主張するが、趣味的な色合いが濃いものが多く、政務調査との関連もあいまい。疑問が残る数々の支出は県民の批判を招きそうだ。

楠大典議員(63)(改革21)は昨年4月、岐阜県で開かれたプロボクシングのリングサイド席のチケット(1万円)を購入。政調費の収支報告書には「中京女子大レスリング関係者と国内スポーツの現状について意見交換」と記入していた。

楠議員によると、実際は友人の息子が試合に出場していたため、応援に行ったという。

政調費からの支出は、交通費や宿泊費を合わせて計5万5000円。楠議員は取材に「ボクシングの世界は厳しい。生死をかけた戦いを間近に見て、政治の世界に生きる自分を戒めようと思った」と釈明。

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  3. 3

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。