記事

市民と遊離した「橋下代理選挙」の虚構――堺市長選で敗北の維新ピンチ

リンク先を見る一体誰が候補?選挙事務所は橋下徹、石原慎太郎両共同代表などのポスターばかり。(撮影/粟野仁雄) 九月二九日に投開票された政令指定都市大阪府堺市の市長選挙は無所属現職の竹山修身氏(六三歳)が大差で再選され、日本維新の会が推した西林克敏氏(四三歳)は敗北した。民主党が推薦する竹山市長を自民が支持、「維新阻止」の共産党と社民党も支持した。衆院選で大阪管内の公明党候補がいる選挙区に候補を立て...

記事全文を読む

コメント

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。