記事

闇の京都大学方式   ……とか、ならなければいいけど

大学入試:国公立大、2次の学力試験廃止 人物重視、面接や論文に−−教育再生会議検討(毎日新聞)

 政府の教育再生実行会議(座長、鎌田薫・早稲田大総長)が、国公立大入試の2次試験から「1点刻みで採点する教科型ペーパー試験」を原則廃止する方向で検討することが分かった。同会議の大学入試改革原案では、1次試験で大学入試センター試験を基にした新テストを創設。結果を点数グループでランク分けして学力水準の目安とする考えだ。2次試験からペーパー試験を廃し、面接など「人物評価」を重視することで、各大学に抜本的な入試改革を強く促す狙いがある。実行する大学には補助金などで財政支援する方針だ。【福田隆、三木陽介】

 同会議のメンバーである下村博文文部科学相が、毎日新聞の単独インタビューで明らかにした。

 同会議は「知識偏重」と批判される現在の入試を見直し、センター試験を衣替えした複数回受験可能な新しい大学入学試験と、高校在学中に基礎学力を測る到達度試験の二つの新テストを創設し、大規模な教育改革を進めようとしている。11日の会合から、本格的な議論に入る。

 下村文科相は「学力一辺倒の一発勝負、1点差勝負の試験を変える時だ」とし、新テスト創設の必要性を強調。さらに、大学ごとに実施する2次試験について「大学の判断だが(同会議では)2回もペーパーテストをしないで済むよう考えたい」「暗記・記憶中心の入試を2回も課す必要はない」と述べた。私立大も新テストを活用するのであれば、同様の対応を求める方針だ。

 これに先立って京都大学の総長が似たような企てを語っていたのを思い出します(参考)。要するに従来の学力テスト中心の評価のウェイトを減らして、「人物評価」を重視するとのこと。まぁ、ある意味では整合性がとれているのではないでしょうか。今や日本の大学は勉強をするところとしてではなく、就職予備校として期待されているわけです。そして就職のために必要なのは学力ではなく、コミュニケーション能力云々に代表される、要するに「人物評価」ですから。就職には影響の少ない学力を問うよりも、将来の就職活動において才能を発揮できそうな人を最初から選抜する、大学が社会から求められている役割を果たすためには、こういうシフトが必然となってしまうと言えます。

入試面接0点、なぜ 今年医学部不合格「採点基準は」(朝日新聞)

 【伊藤あずさ】秋田大医学部医学科の今年春の入試で、筆記は高得点だった女子受験生(18)が、前後期とも面接で0点で不合格になった。受験生は「結果は仕方ない」としつつ、中学時代から患った病気や高校に進学しなかったことの影響ではと気にし、「採点基準が知りたい」と訴える。大学は「総合的に判断した」と説明している。

(中略)

 受験生は「実力を出せた」と感じていたが、試験後に希望者に届けられた「入学試験成績」の面接の評価は前後期とも3段階で最も低い「C」。Cは「満点の70%未満」で、家族が大学に情報公開を求めると、2度の面接とも0点と分かった。順位は黒塗りされていた。

 ……で、冒頭の「人物重視」との関連でか、こちらに引用した報道へのアクセスが増えているみたいです。まぁ、面接なんてそんなものですよね。公務員採用の世界ならまだしも民間企業の採用面接であればブラックボックスが当然の常識であり、情報公開されただけでもマシなくらいでしょう。ちなみに私は、小論文でならば0点を取ったことがあります。下らない文明論だ云々と、お題の文章を(このブログと同じような調子で)批判したところ、出題者の怒りを買ってしまったようです。小論文を含めた国語という教科の眼目は出題者(≠作者)の意図を察することですから、それも仕方ないのかも知れません。

 ともあれ、学力テスト(小論文除く)と比べると面接中心、人物重視ともなると採点基準は曖昧になるばかりです。得をする人もいれば、納得のいかない落とされ方をする人もいることでしょう。いったい何が「人物として高得点」なのか、尺度が示されなければ受験生も努力のしようがありません。学力テストのように明白な合格の指針があれば、勉強が苦手な人でも目標がクリアな分だけ努力で埋め合わせる余地があるわけです。しかし、基準がブラックボックスの中であれば何を磨けば良いのか分からない、生まれつきの素養で選ばれるのを待つほかなくなってしまいます。

 この教育再生実行会議の先駆者と言える京都大学総長の構想によると「例えば音楽とか、恋愛始め人間関係の葛藤とか、幅広い経験をしてきた人に入試のバリアを少し下げる」そうです。京都大学的には、それが「点数の高い人物」の在り方として規定される日が来るのでしょうか。逆にマイナーな(異性からのウケが悪いタイプの)趣味を持ち、人付き合いを好まないタイプは人物として低い点数を付けられ、入り口の段階で篩い落とされてしまう。これが京都大学総長の愚かな妄想である内はともかく、政府筋からまで同旨のプランが打ち上げられるとあらば、まぁ嫌なものだなと。

 日本企業の歓心を買える人材を育成する、産業兵卒を養成するという面では、企業の採用基準を模したような「人物重視」の合格基準を大学にまで設けるのは、冒頭で書きましたようにある意味では整合性のあることなのかも知れません。もっとも、この日本的な採用基準で高得点をマークした人材が日本経済を牽引して景気を浮揚させてくれているかと言えば、誰もが首を傾げるところではないでしょうか。大学名は問うが学力は問わずに人物重視、それは成功しているのやら。これに倣って大学入試も人物重視に切り替えたところで、得られるものは何なのでしょう?

あわせて読みたい

「教育再生実行会議」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  2. 2

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  3. 3

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  4. 4

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  5. 5

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  6. 6

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  7. 7

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  8. 8

    ビットコインから過去最大の資金が流出、価格頭打ちで=週間データ

    ロイター

    05月18日 08:56

  9. 9

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  10. 10

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。