記事

マララさん ノーベル平和賞の重荷

1冊の本、1本のペンが世界を変える

「みんなで本とペンを手に取りましょう。本とペンは私たちの最も強力な武器です。1人の子供と1人の教師、1冊の本、1本のペンが世界を変えることができるのです」

“Let’s us pick up our books and our pens. They are our most powerful weapons. One child, one teacher, one book and one pen can change the world”

リンク先を見る
奇跡の回復を遂げ、英バーミンガムの学校に通うマララさん(マララプレス事務所提供)

10日、欧州議会のサハロフ賞授賞が決まったパキスタンの少女、マララ・ユスフザイさんは今年7月12日、16歳の誕生日に国連に招かれ、教育の力を訴えた。聴衆は400人だったが、マララさんは数百万人の子供たちを思い浮かべていた。

何者も恐れない凛とした訴えにスタンディングオベーションが鳴り止まなかった。「教育が一番大切です。すべての子供に教育を受ける権利があります。教育はすべてを変えることができるのです」

マララさんは国連で演説する際、イスラム圏初の女性首相で07年12月、パキスタンの首都近郊ラワルピンディで自爆テロにより暗殺されたベナジル・ブット氏の遺品である白いショールを身につけていた。

昨年10月、パキスタン北部スワット・バリーでイスラム原理主義勢力「パキスタン・タリバン運動(TTP)」の若者に銃撃されたマララさんは英バーミンガムのクィーン・エリザベス病院に入院していたとき、ブット元首相の遺族からショールをプレゼントされた。

マララさんがショールに顔を埋めると、ブット元首相が愛用していた香水の匂いがした。ショールにはブット元首相の長い黒髪が1本残されていた。

タリバンとの戦い

女の子にも教育を受ける権利があると訴えたことでタリバンに命を狙われたマララさんがブット元首相のショールを身につけた理由はおそらく2つある。ブット元首相のように死を恐れない覚悟と、英国で学問を身につけて祖国パキスタンに戻り政治家になるという決意だ。

11日に発表されるノーベル平和賞について、マララさんは英BBC放送のドキュメンタリー番組「パノラマ 学校に通ったという理由で撃たれたマララ」で、「私の目標は平和賞をとることではありません。世界中の子供たちが学校に行けるようにすることです」と語っていた。授賞が決まれば、平和賞史上、最年少での受賞である。

しかし、これまで何度も平和賞についてスクープを放ってきたノルウェーの国営放送局NRKは10日夜、ノーベル賞委員会は若いマララさんに平和賞の重荷を背負わせるのは酷すぎると授与をためらっていると報じた。

マララさんの口を封じようと、TTP主要組織のスポークスマンは「いつでもまた狙う」と改めて殺人予告を行った。

「マララは西洋の価値観に侵されている」「西洋のイスラム批判に利用されている」という非難がパキンスタン国内にもある中で、西欧社会がノーベル平和賞を授与することでマララさんの危険がさらに大きくなることをノーベル賞委員会は心配している。マララさんを悲劇のイコンにしたくないというのが理由だ。

マララさんに平和賞を贈ることは16歳の少女に背負い切れない重荷を背負わせることになる。マララさんが11日、平和賞の選考から外れたとしても、その代わりに私たちが支援すれば教育というマララさんの夢を後押しすることになる。

欧米諸国の軍隊が14年末までにアフガニスタンから撤退し、タリバンとの対話を始めることについて、マララさんは「戦闘では平和は達成できません。対話には賛成です」と語る一方で、「私たちがテロと戦う方法は次の世代を教育することです」と宣言した。

「マララは西洋の代弁者」という批判に対し、マララさんは「私はパシュトゥン人です。パシュトゥンの文化を大切にしています」と反論している。

最後の授業

09年1月、生まれ故郷のスワット・バリーがタリバンに支配されたとき、マララさんは11歳。BBCの求めに応じ年長の女子生徒が、タリバンが支配する学校で何が起きたのかウルドゥー語でブログに書くことになっていたが、女子生徒の両親が反対した。

学校を運営していた父親がマララさんに仮名でブログを書くことを勧めた。初回のエントリーはこうつづられていた。

1月3日土曜日
「昨日、軍のヘリコプターとタリバンの恐ろしい夢を見た。スワットで戦闘が始まってから、そんな夢を見るようになった。お母さんが私に朝食を作ってくれた。私は登校した。タリバンが女の子全員に登校を禁ずるおふれを出したので、学校に行くのが怖かった。

27人クラスなのに登校してきたのはわずか11人だった。私の友達3人は家族とともに他の地方に避難してしまった。

学校から家に帰る途中、ある男が『お前を殺してやる』と言っているのが聞こえた。私は足を速めた。しばらくして男が後をつけてきていないか振り返った。私は胸をなでおろした。男は携帯電話に向かって話していた。誰かを脅しているのに違いなかった」

タリバン支配下で女の子は学校に行けなくなったが、その後、パキスタン軍がスワット・バリーを奪還した。マララさんはその後、実名を公表してパキスタンのTVに出演、堂々と女の子が学校で学ぶ権利を訴えるようになったため、タリバンから死刑宣告を受けた。

しかし、マララさんは「タリバンが私のような子供を狙うわけがない」と、タリバンを批判していた父親のことばかりを心配していた。実際に父親の友人がタリバンに銃撃されていた。

非情の銃弾

昨年10月9日、マララさんら女子生徒を乗せたバスの前に2人乗りのバイクが割り込んだ。男2人はバスに乗り込み、「マララ・ユスフザイはいるか」と叫んだ。1人は以前、取材と言ってマララさんに会いに来た男だった。

周囲の何人かがマララさんの方を見た。男たちは容赦なくマララさんに銃弾を撃ちこんだ。近くにいた同級生2人も巻き添えで負傷した。

クィーン・エリザベス病院に飛行機で輸送されたマララさんは頭蓋骨の半分が取り外され、顔の半分がひしゃげていた。神経も切断され、片方の聴力を失っていたが、マララさんは取り乱さず、自分より父親の命を心配した。

医師には「父は金持ちではないので、医療費を支払うことはできないと思うの」と訴えた。

この病院ではアフガンで被弾した兵士を治療しており、24時間体制の看護でマララさんは奇跡の回復を遂げた。ほとんど元通りに笑えるようになった。

しかし、祖国パキスタンではマララさんたちの人気者だった通学バスの運転手が逮捕され、今も自宅軟禁が続いているが、肝心の犯人は逮捕されないままだ。タリバンの取り調べを行わないパキスタン当局は事情聴取のためと言ってマララさんに帰国を求めている。

パキスタンの現実

小学校に行っていない子供たちは世界で5700万人。このうち3200万人が女の子だ。パキスタンは憲法ですべての子供たちに教育を受ける権利を認めているのに、510万人が小学校に行っていない。文盲の大人は5000万人に近く、3分の2が女性だ。マララさんの母親もその1人だ。

パキスタンではマララさんの銃撃事件の後も学校に通う女の子を狙ったテロ事件が続発。アフガンとの国境に近いクエッタでは6月、女子生徒40人を乗せた通学バスが自爆テロで爆破され、うち14人が死亡。負傷者が搬送された病院では看護婦数人が銃撃された。

犠牲者はマララさん1人ではないのだ。

マララさんは事件後、タリバンの1人から手紙を受け取った。「タリバンがマララさんを狙ったのは教育キャンペーンが理由ではなく、イスラムのシステムを構築しようとしているタリバンの努力をマララさんがぶち壊しにしようとしているからだ」と書かれていた。

マララさんは「イスラムは女の子にも男の子にも学校に行くべきだと教えています。イスラム教の聖典コーランは私たちに勤勉であるよう説いています。イスラムは平和を求めているのです」と訴える。

銃撃の恐怖がよみがえらないと言えばウソになる。しかし、マララさんはアッラーに生かされた命を教育の普及に捧げようとしている。

参考資料
「I am Malala」Malala Yousafzai with Christina Lamb(Weidenfeld & Nicolson)
英BBC放送パノラマ「Malala Shot for going to school」
英日曜紙サンデー・タイムズ「Malala'salvaged' by British doctor」Christina Lambなど多数

あわせて読みたい

「ノーベル平和賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  3. 3

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  4. 4

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  5. 5

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  9. 9

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  10. 10

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。