記事

国際通貨基金(IMF)の世界景気見通し(WEO)が「成長エンジンはシフトしている」と指摘

画像を見る


国際通貨基金(IMF)が世界景気見通し(WEO)の10月のアップデートを発表しました。

IMFは「世界の成長エンジンはシフトしている」と指摘しています。

具体的に新興国市場の成長は鈍化している一方で、多くの先進国では逆に成長が加速しているとしています。

2013年の世界全体のGDP成長率は3%に僅かに届かない程度と見ています。2014年には3.6%に加速すると見ています。

米国は民間部門を中心にしっかりした展開であり、日本経済も好調です。さらに欧州経済が復活していることも良い兆候です。

これと対照的に新興国経済は総じて冴えません。いまのところ据え置かれている、米国の債券買い入れプログラムの縮小が今後再び試みられたら、新興国から資本逃避が起こる可能性もあります。

IMFは「新興国は財政赤字の問題などにすぐに取り組むべきだ」としています。資本逃避が起こっているインドネシア、インド、タイなどの国については、為替が通貨安になるのを放置して、競争力を回復するのが最も早い解決法だとしています。

欧州に関しては銀行統合(バンキング・ユニオン)を進める必要があるとしています。銀行統合とは、まず銀行の監督行政に際して、EUが横断的に指導のルール作りをし、同一の基準を域内の全ての銀行に当てはめることを指します。それが完成した上で、若し域内の銀行のひとつが破綻した場合、他国の預金保険を動員するなどの方法で救済するという、リスクの共有を進めるというわけです。

あわせて読みたい

「IMF」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  5. 5

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  6. 6

    安倍首相のサミット訪米に反対

    鈴木しんじ

  7. 7

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  8. 8

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  9. 9

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

  10. 10

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。